猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
はらのなかのはらっぱで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はらのなかのはらっぱで

  • 絵本
作・絵: アーサー・ビナード
訳: 長野 仁
出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「はらのなかのはらっぱで」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ重版未定>>

作品情報

発行日: 2006年
ISBN: 9784577032947

幼児から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

九州国立博物館の収蔵品を絵本で紹介するシリーズ第四弾。戦国時代の医学書「針聞書」から、珍妙な「腹の虫」たちが繰り広げるユーモラスな体内冒険物語。

ベストレビュー

日本の医学書に書かれていた虫たち

目の付けどころがすごく面白い作品でした。
作者は立派なアメリカ人ですが、どうやら日本の文化ととてもうまが合うらしく、2001年に日本で中原中也賞をとってから、日本語を使った作品を作られ、日本で活躍されているようです。

この作品は日本に古くから伝わる「針聞書(はりききがき)」を基に、そこに描かれている人間の体の中にいると想像されてきた「虫」たちの様子を描いたナンセンス絵本です。
後書きの解説を読んで、奇抜な体の中の虫たちの姿が、実は16世紀ごろに作られた医学書に実際書かれていたものだと知って、驚きました。
また、「虫」を使ったことわざが日本にはたくさんあることも、この解説を読んで気付きました。
(例えば、「腹の虫」「虫の知らせ」など)
私はどちらかというと、本篇の絵本より、この解説の後書きの方が面白かったです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子12歳、女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アーサー・ビナードさんのその他の作品

ずっと ずっと かぞく / なずず このっぺ? / みんな みんな いただきます / この本をかくして / ドームがたり / いちばんのなかよしさん



『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

はらのなかのはらっぱで

みんなの声(3人)

絵本の評価(4

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット