クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ほっきょくのナヌー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ほっきょくのナヌー

  • 絵本
作: レベッカ・ベインズ
訳: 内田 久美子
出版社: 日経ナショナル ジオグラフィック社 日経ナショナル ジオグラフィック社の特集ページがあります!

本体価格: ¥952 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ほっきょくのナヌー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

みどころ

動物園でホッキョクグマを見て、普通のクマの体とはちょっと違う大きな大きな手足、そして格好のいい立ち姿に惚れ惚れした覚えがあります。
 この「ほっきょくのナヌー」は本来住むべき場所、北極の壮大な景色の中の厳しい自然に生きるホッキョクグマの子ナヌーと、セイウチの子シーラの成長する姿を捉えた写真絵本です。
 最初はまだまだ赤ちゃんの二匹、親子で佇むそのあまりの可愛さに顔も緩みっぱなしです。
 ところが、ある写真を境に様子ががらっと変わります。「地球温暖化」という環境問題がつきつけられるのです。特に激しく書いてある訳ではない文章。でも、一枚の写真を見ただけで思わず息が詰まってしまうのです。これが有無を言わせない写真の力なのでしょうか、伝わってくるものが沢山あります。この美しく迫力ある写真、雑誌「ナショナル ジオグラフィック」の一流写真家が撮ったもの・・・と聞けば納得です。
 2007年10月公開の映画「北極のナヌー」のストーリーをもとにつくられたこの絵本。小さな子でも映画の世界を楽しめる・・・という点でもおすすめですが、写真絵本の魅力、可能性の大きさを思わせてくれるとても見応えのある内容だと思います。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

ほっきょくのナヌー

出版社からの紹介

氷がとけたら、どうなるの?」─かわいい動物の姿を通して、子どもにもわかりやすく地球温暖化を伝える写真絵本。親子で読むにはピッタリです。

1888年の創刊以来、およそ120年にわたって「世界の今」を写真で伝えてきたビジュアル誌のパイオニア「ナショナル ジオグラフィック」。その一流写真家が動物たちの素顔をとらえた傑作写真と、映画「北極のナヌー」のストーリーが一緒に楽しめる一冊。親しみやすいストーリーを通じて、動物たちの生態や地球温暖化の影響がお子様に自然に伝わる内容になっています。

ほっきょくのナヌー

ほっきょくのナヌー

ほっきょくのナヌー

ほっきょくのナヌー

ほっきょくのナヌー

ほっきょくのナヌー

ベストレビュー

次世代は一体・・・?

息子が図書館から借りてきた本の
中の1冊にこの本が入ってました。

子ども時代は愛らしいし、
大きくなってすてきなパートナーを見付け、
ナヌーやシーラに新しい家族ができたことに
ホットしましたが、写真を追っていくと
ナヌーやシーラの次の世代は一体どうなっていくのでしょう?と
考えさせられます。
この地球上のすべての生物たちのいのちは
受け継がれていくのだろうか?と、とても心配になってしまいました。

次世代を担う、子どもたちが少しでも
いま、地球に起こってる事へ関心を持って、一人一人が
何かを実行できるようにするために
とても分かりやすいお話しではないでしょうか。
(かおりせんせいさん 30代・ママ 女の子9歳、男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




死んでおばけになったおじいちゃんの忘れものとは…?

ほっきょくのナヌー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット