もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
あかずきんちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

あかずきんちゃん

  • 絵本
原作: グリム
文・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784323036106

幼児から
28.6×22.6cm 32ページ

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

大人になっても忘れたくない いもとようこ世界の名作絵本シリーズ第10弾!

おばあさんの家へおつかいを頼まれた赤ずきん。おおかみに騙され、おばあさんと共に食べられてしまいますが・・・。「おばあさんの耳はどうしてそんなに大きいの?」というおなじみのやりとりがスリリングな不朽の名作。

ベストレビュー

可愛いあかずきんちゃん

あかずきんちゃんのキュートなイメージと
いもとようこさんの絵がぴったりマッチ♪
可愛い作品に仕上がってる。

いもとさんの絵は優しい印象が強いけど
オオカミがおばあさんや赤ずきんちゃんに襲い掛かる場面は
2ページを使って描かれていて、迫力があっていいな。

オオカミがあかずきんちゃんに襲いかかる前の
「それは」の3連続も、不気味な感じがして効果的だと思う♪

話も変に脚色されていなくて
慣れ親しんだストーリーとなっていて良かった。

気になったこと一つ。

他の著者さんの「赤ずきんちゃん」を見ると
おばあちゃんに成りすましたオオカミの声がガラガラなことを
あかずきんちゃんが指摘していた。
けれど、本作にはそれが書かれていなくて。
私は、書かれていた方が良かったと思うなぁって
実際に息子に読み聞かせをしていて思ったのでした。
(ぷうさんのはちみつさん 30代・ママ 男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


グリムさんのその他の作品

ながいかみのラプンツェル / ラプンツェル / 人くい鬼 / ねむりひめ / 白雪姫 / ハーメルンのふえふき

いもと ようこさんのその他の作品

どんぐりと山猫 / たんぽぽのおかあさん / イソップどうわ / 3びきのこねこ / ピノキオ / きつねのがっこう



好評につき第2弾!もしあなたが桃太郎だったら?!

あかずきんちゃん

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.5

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット