ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
まっくろスマッジ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

まっくろスマッジ

作・絵: ジョン・ロウ
訳: 高橋源一郎
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「まっくろスマッジ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

愛されるって、どんなこと?

赤ちゃんねずみのスマッジが大きな鳥にさらわれます。スマッジは、鳥の家族の一員になろうと努力を重ねますが……。

ベストレビュー

最後は、ほっとします。

まっくろなネズミのスマッジが、あちらこちらの動物家族に連れ去られ、いろんな動物の生活を体験します。
自分とは違う家族のなかで、その家族と同じことをして仲間意識をもとうとするようすには、じーんときます。置き去りにされたときは、どんなにかなしかっただろう!スマッジは、自らの過去がどんなに泣きたいできごとの連続であっても、淡々と語るのです。涙一つ見せないスマッジの姿に、感銘を受けました。
そんなスマッジの最後は、とっても幸せです。きっと、今までの苦労は、最後の幸せのためにあったのでは?と思わせるほど。家族ってすてきだなあって、あらためて思う、いい絵本だと思います。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子9歳、男の子5歳)

出版社おすすめ

  • としょかんねずみ
    としょかんねずみの試し読みができます!
    としょかんねずみ
    作・絵:ダニエル・カーク 訳:わたなべ てつた 出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ぼくは本が大好き!サムはとしょかんねずみ

ジョン・ロウさんのその他の作品

あかちゃんカラスはうたったよ

高橋源一郎さんのその他の作品

新装版ピートとうさんとティムぼうや / 新装版 こっちを むいてよ、ピート!



困っているぼくのところに本物の神様が!

まっくろスマッジ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット