あかちゃんの木 あかちゃんの木
作: ソフィー・ブラッコール 訳: やまぐち ふみお  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「あかちゃんは、どこから来るの?」 子どもの疑問に、しっかりと向き合います。あかちゃん誕生にまつわる絵本。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
ビアトリクス・ポターのおはなし
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ビアトリクス・ポターのおはなし

  • 絵本
作・絵: ジャネット・ウィンター
訳: 長田 弘
出版社: 晶文社

本体価格: ¥1,800 +税

「ビアトリクス・ポターのおはなし」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

ピーター・ラビットの背景

伝記絵本を調べていてわかったことなのですが、この本の作者ジャネット・ウィンターには、他に『ワンガリの平和の木』『私、ジョージア』『いつもみていた ゆめをかなえた女の子ジェーン・グドール』『バスラの図書館員 イラクで本当にあった話』といった伝記絵本があります。

ジャネット・ウィンターは伝記や実話を中心に描く絵本作家といえるでしょう。

さて、この作品の主人公であるポターは、豊かな家に生まれましたが、幼少期はほとんど外界との接触はなく過ごします。

そのことからか小動物や絵に興味を示す少女に成長しました。その特異な生い立ちからピーター・ラビットが生まれたというのはとても納得できるものでした。

『ないしょのおともだち』という絵本がありますが、ポターがねずみと友だちのように接しているのを見てその絵本のことを思い出しました。

小さめの絵本なので、大勢の読み聞かせには向きませんが、ピーター・ラビットのシリーズを読んだらこの本も併せて読んでみるとよさそうです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子12歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★

ジャネット・ウィンターさんのその他の作品

マララとイクバル パキスタンのゆうかんな子どもたち / いつもみていた ゆめをかなえた女の子 ジェーン・グドール / ろばのとしょかん コロンビアでほんとうにあったおはなし / ワンガリの平和の木 / ニューヨークのタカペールメール / ママ ほんとうにあったおはなし

長田 弘さんのその他の作品

幼い子は微笑む /  / 最初の質問 / ジャーニー / いつでも星を / 空の絵本



新しいタイプのおやすみ絵本『バクのほんやさん』たきせあきひこさんインタビュー

ビアトリクス・ポターのおはなし

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット