あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
スノーグース
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

スノーグース

作: ポール・ギャリコ
絵: アンジェラ・バレット
訳: 片岡 しのぶ
出版社: あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

「スノーグース」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784751525036

小学校高学年〜

出版社からの紹介

世界的ベストセラーとなったポール・ギャリコの代表作が美しい絵本に。風変りな画家ラヤダーと少女の運命の出会いを描く珠玉の物語。

ベストレビュー

絵本でも文章だけでも

ポール・ギャリコの傑作が一冊の美しい絵本になりました。

私にとっては、学生時代に、電車の中で文庫本を読み、涙が出そうになって慌てて途中で本を閉じたという懐かしい思い出のあるお話です。

お話も絵も物悲しい雰囲気を十分に出していて、風の冷たさや白雁のすっきりとした美しさが伝わってきます。
ただ、戦争の凄惨なシーン(それさえも美しいのですが)が出てきたり、登場人物が暗い影を背負ったりしているので、小学生には難しいと思います。中学生以上からが良いでしょう。

最初に書いたように、本当に美しい絵本で、書物としてというより一つのモノとして宝物にしたくなるような本ですが、個人的には、絵本よりも文章だけのものを自分の頭の中で情景を描き出しながら読む方が、心に迫るものがあるような気がします。
(金のりんごさん 40代・ママ 女の子13歳、男の子10歳、男の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

ポール・ギャリコさんのその他の作品

普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険(下) / 普及版 ハイラム・ホリデーの大冒険(上) / ハリスおばさんモスクワへ行く[普及版] / ハリスおばさん国会へ行く / ハリスおばさんニューヨークへ行く[普及版] / ハリスおばさんパリへ行く[普及版]

アンジェラ・バレットさんのその他の作品

シェイクスピア ストーリーズ / 世界でいちばんすばらしいもの / しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ / 庭の小道から 英国流ガーデニングのエッセンス / 絵本 アンネ・フランク / 絵本 ジャンヌ・ダルク伝

片岡 しのぶさんのその他の作品

だれにも話さなかった祖父のこと / バーナムの骨 ティラノサウルスを発見した化石ハンターの物語 / ブラック・ドッグ / 最古の魔術書 (1) エメラルド・アトラス  / 千年の森をこえて / 変わり者ピッポ



『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

スノーグース

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット