ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
ピカソとポニーテールの少女
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ピカソとポニーテールの少女

作・絵: ローレンス・アンホルト
訳: あべ のりこ
出版社: ベファーナ

本体価格: ¥1,600 +税

「ピカソとポニーテールの少女」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年09月
ISBN: 9784894499041

絵を見て遊ぶ:0〜3才向き  読み聞かせる:4〜6才向き
自分で読む:7〜9才向き

出版社からの紹介

ピカソとその一連の作品「ポニーテールの少女」のモデルで、画家になる夢を実現した少女との物語。変わろうとする勇気を持つことの大切さを教えてくれます!

「ゲルニカの習作」や「悲劇」など、ピカソの色鮮やかな絵画や彫刻が10点登場します。

ベストレビュー

美術の入口

アンホルト夫妻の作品を集中的に読んでおります。

これは、ご主人のローレンス・アンホルト単独の作品です。

息子が先に一人で読んでいました。

私が「感想を書いてみたら」と言うと「これは難しいからいい」と言われました。

夫が、「この本は本当の話か?」と息子に聞くと、すかさず巻末を見せて「ほら、本当の話って書いてあるでしょ」と自慢げに話していました。

ピカソにポニーテールの少女を描いた作品があることは知りませんでした。

モデルになつったシルヴェット自身も後に画家になったんですね。

その背中を押してくれたのがピカソとの出会いにあったようなのですが、

それよりも何よりも私が驚いたのは、シルヴェットがピカソからもらった絵を売ってしまったことでした。

私ならピカソからもらった肖像画なら家宝にして代々伝えていきたいところですが、

シルヴェットは自分が画家を目指しているということもあり、他の人の作品には執着がなかったのかな?と。

この作品とは関係のないところで、そこに言及するかというところでもありましたが、

私自身はその成り行きにびっくりしたので、ここで書きました。

息子は、ピカソが実在の人物で、作品を見たのもこの絵本が初めてだったので、

良い美術の入口になったのではないかと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ローレンス・アンホルトさんのその他の作品

わすれられた もり / ドガと小さなバレリーナ / ゴッホとひまわりの少年 / モネのまほうのにわ / レオナルドと空をとんだ少年 / チンプとジィーおとだしてあそぼ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

ピカソとポニーテールの少女

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット