バスていよいしょ バスていよいしょ
作: 重松 彌佐 絵: 西村 繁男  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
ふゆの おくりもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふゆの おくりもの

作・絵: 稲田 務
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「ふゆの おくりもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年

5才〜6才向き
かがくのとも 2006年1月号

出版社からの紹介

冬が始まると、朽ちれた木々のなかに昆虫たちがもぐりこみます。家々では、根雪をほって野菜を保管する室をつくります。人々も、生き物たちも冬を越すためにさまざまな工夫をします。やがて、本格的な冬を迎え……。冬の贈り物・雪がもたらす恵みを、生き物たちの営み、人々の暮らしをとおして詩情豊かに描きます。

ベストレビュー

北国のぬくもり

寒さの中にも、北国のぬくもりが感じられる絵です。真っ白な雪景色なのに、日本の情景が目に浮かぶのは、私が心の中でふるさとを思っているからでしょうか?娘にとっては、単純に「虫の本」。雪の中に生きる虫たちを見つけて喜んでいます。雪は、すてきな冬の贈り物・・・人々にも、小さな生き物たちにも、自然の恵みを与えてくれるんですね。
(ガーリャさん 30代・ママ 女の子3歳)

出版社おすすめ


稲田 務さんのその他の作品

とくべつな よる / なつやすみ虫ずかん



「あかちゃんといっしょに作ったあかちゃんのための絵本」創刊記念インタビュー

ふゆの おくりもの

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット