大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
ライオンとソフトクリーム
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ライオンとソフトクリーム

作: 井上 ひさし
絵: 高橋 透
出版社: チャイルド本社

本体価格: ¥333 +税

「ライオンとソフトクリーム」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

ライオンの王様に親近感

 当時、4歳の弟に読んでやっていたら、なぜか小学2年生の兄のほうがくいついてきた本です。
 なぜだろう、と考えてみると、このライオンの王様と子どもは似ているところがあると思いました。
 ソフトクリームを食べたいという自分の欲望を満たすために、周りを巻き込み、手段を選ばず、それなりの努力もしつつ、苦労や失敗や遠回りもあったけれど、運も良く、最後には夢がかなう、というライオンの王様のお話。
 小学2年生の子どもは、いろんなカードをほしがっていました。でもおこづかいが少ないから、自分の思う通りにはいかず…、弟や友達に交渉して交換してもらったり、おじいちゃんにねだったり、お手伝いをしておこづかいを稼いだりと、いろんな手段を使って、欲しいものを手に入れようとしていた時期でした。それだから、このライオンさんに親近感を持ったのかもしれないな、と振り返ると思い当たります。そして、ライオンが、欲しいものを手に入れるまでの過程を楽しんでいたように思います。
(レースさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


井上 ひさしさんのその他の作品

少年口伝隊一九四五 / 水の手紙 群読のために / ガリバーの冒険 / 100年インタビュー ふかいことをおもしろく / 「けんぽう」のおはなし / 汚点・春は夜汽車の窓から

高橋 透さんのその他の作品

紙芝居 ちちちマン / 紙芝居 また、あおうね / いちばんバスのはやおきくん / かいがんでんしゃはおおいそがし / フォア文庫 少年探偵事件ノート / ちいさなあかいきかんしゃ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

ライオンとソフトクリーム

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット