ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
おうちにいると幸せになれそう。。あの福ふくしいミッフィーに、新商品追加です♪
おしゃべりな毛糸玉
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしゃべりな毛糸玉

作: 沢田 俊子
絵: 小泉 るみ子
出版社: 文研出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年01月
ISBN: 9784580800069

幼児から小学校低学年向き

出版社からの紹介

うめばあさんは、残り毛糸をつなぎ合わせ、大きな毛糸玉を作りました。その毛玉で編み始めると、なつかしい人たちの声が聞こえてきます。

ベストレビュー

現在と過去をつなぐ毛糸玉

 この間、実家に行ったときのこと。娘が突然「編み物をしたい」と言い出し、母が押入れの奥から毛糸の入った大きな袋を出してきてくれました。どれも残り毛糸ばかり。しかも何度も何度も編み直した毛糸なので、色あせて、細くなってしまっています。
 でも、この絵本の中のおばあさんと同じように、
「これは、○○ちゃんのカーデガンを編んだ毛糸。こっちは、○○くんのセーター・・・」と、とってもうれしそうに、なつかしそうに話す母。
おばあさんのしあわせそうな顔と、母の顔が重なり、胸がじーんとなりました。

 おじいさんと過ごした日々を懐かしむおばあさん。私たちの幼少の頃の思い出に目を細める母。
おばあさんは、その毛糸で肩掛けを編み、母は、孫のリクエストに応えて、小さなバッグを編んでくれました。たった1本の毛糸が、過去と現在をつないでくれているんですね。

 とても、とても、あたたかく、しあわせな気持ちになれる絵本です。物を大切にする心も子どもたちに伝えたいですね。
(ガーリャさん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


沢田 俊子さんのその他の作品

めざせスペシャルオリンピックス世界大会 / 七頭の盲導犬と歩んできた道 / とんがり森の魔女 / 引退犬 命の物語 / 命の重さはみな同じ / 盲導犬不合格物語

小泉 るみ子さんのその他の作品

なきむしにかんぱい! / みてろよ!父ちゃん!! / あまのじゃくにかんぱい! / まぼろし写真館 / 森の本やさん / ないしょにかんぱい!



第12回 『あったかいな』の片山健さん

おしゃべりな毛糸玉

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.25

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット