もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
巨人グミヤーと太陽と月
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

巨人グミヤーと太陽と月

作: 君島 久子
絵: 小野 かおる
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784001108552

幼・小学1,2年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

中国のプーラン族に伝わる,天地創造と太陽を射る話.宇宙の混沌の中から,巨人グミヤーは緑の地球をつくり,人間とあらゆる生き物を住まわせました.この美しい楽園を見た太陽と月は,ねたましさから,地球を焼きつくしてしまおうとしました.グミヤーは,生き物たちの力を借りて,戦いますが….壮大なドラマを絵本に.

ベストレビュー

グミヤーって怖いかと思ったけど・・・

この手の民話が大好きな10歳の息子と読みました。

「巨人グミヤーと太陽と月」
この表題と、表紙の絵から、
グミヤー(悪) VS 太陽と月(善)かと思っていたが、
全く逆なのにまずびっくり!

グミヤーは神様、
そして神様の創った世界に悪さをしていたのが、太陽と月。
太陽が昔はこんなにあって、
月も昔はこんなにあって、
どうしてそれが一つずつになり、
昼間は太陽、夜は月になったのか、というのが、
なるほど〜という感じで語られていく民話。
面白い!

太陽と月のキャラも笑えますし、
グミヤーの心の広さ、動物たちの優しさ、
そしてなによりも日本の「アマテラス」の神話に繋がるという、
日本人にはとってもとっつきやすくて分かりやすいお話。

中国の民話らしいのですが、期待したよりとっても面白く、
是非お勧めしたい一冊です!
(ムスカンさん 30代・ママ 男の子10歳、女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!

君島 久子さんのその他の作品

岩波少年文庫 月からきたトウヤーヤ / あかりの花 中国苗族民話 / こんや、妖怪がやってくるー中国のむかしばなしー / 犬になった王子 チベットの民話 / ながいかみのむすめ チャンファメイ / おひゃくしょうとえんまさま 中国民話

小野 かおるさんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 ねずみのおよめさん / たぬきのばけたおつきさま / トン・ウーとはち / くまさん くまさん おはいんなさい / みぎあしくんと ひだりあしくん / 西のくま東のくま



しあわせいっぱい赤ちゃん絵本『ばあ〜っ!』石津ちひろさんインタビュー

巨人グミヤーと太陽と月

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット