くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…12の特典が使える 【プレミアムサービス】
おばけのコッチピピピ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おばけのコッチピピピ

  • 児童書
作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年
ISBN: 9784591010808

小学校低学年〜

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

おばけのコッチがすんでいるとこやさんに、ある日、ものすごくきたない女の子がやってきました。コッチは、びっくりぎょうてん!

ベストレビュー

親子で楽しめます!

「ちいさなおばけシリーズ」は,親の私が子供の頃からあった児童書ですが,私はアッチの本は読んだ記憶がとてもあるのですがコッチははじめてで,親子でとても楽しめました!
床屋さんの鏡の裏に住むおばけらしく,コッチってお洒落なんです。
そのキャラクターに負けないくらい女の子ココちゃんもナイスなキャラで(笑)二人のやり取りが愛らしかったです。
最後はすっかり仲良くなった二人。
床屋さんに帰るコッチが空の上で「ピピピ」と言ったのがとっても素敵でした!
「ピ」「ピピ」「ピピピ」,我が家の娘は読む度に意味を言っていました。
(まゆみんみんさん 30代・ママ 女の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


角野 栄子さんのその他の作品

わたしを わすれないで / おばけのアッチとくものパンやさん / さあ、なげますよ / わたしおべんきょうするの / おばけのアッチ ドララちゃんとドララちゃん / 靴屋のタスケさん

佐々木 洋子さんのその他の作品

角野栄子の小さなおばけシリーズ(特選12巻セット) / おばけのアッチ おしろのケーキ / おばけのコッチ わくわくとこやさん / おばけのアッチ パン・パン・パンケーキ / おばけのソッチ、おねえちゃんになりたい! / おばけのソッチとぞびぞびキャンディー



文字がないからこそ物語を想像して感動できる一冊

おばけのコッチピピピ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット