もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
どこにいるの? シャクトリムシ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

どこにいるの? シャクトリムシ

  • 絵本
文・写真: 新開 孝
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年06月
ISBN: 9784591098110

小学校低学年〜

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

名前の由来は「尺をとる虫」。さまざまなシャクトリムシが木の枝などに擬態した様子を、美しい写真で紹介しています。

ベストレビュー

自分の身を守る、シャクトリムシたち

シャクトリムシの種類の多さに驚きました
緑色のは見たことがあります 尺をとる 姿が なかなかあいきょうあって おもしろい動きに見とれたことがあります。写真絵本で シャクトリムシがシャクガの幼虫であること(蛾の幼虫であることは知ってましたが、名前は知りませんでした)
自分の身を守るために 木と同じような色だったり 葉っぱと同じ色だったり すごいな〜と思います。
新開さんは すごく上手く写真を写して お話もおもしろいです
虫好きの子供にも楽しめる絵本ですね!
おもしろかったのは 自分の身を守るときの目玉模様は 笑えてきました。  シャクトリムシも敵に食べられたり、危険がいっぱいですね
その中でいかに 自分の身を守るか すごいな〜
いろんな種類のシャクトリムシがいるのは勉強になりました。
読んであげたい絵本です。

(にぎりすしさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


新開 孝さんのその他の作品

里山のヤママユ / むしこぶ みつけた / うまれたよ!クモ / ぜんぶわかる! カイコ / わたしはカメムシ / ぜんぶわかる!モンシロチョウ



楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

どこにいるの? シャクトリムシ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67




全ページためしよみ
年齢別絵本セット