もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
コーちゃんのポケット
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

コーちゃんのポケット

作・絵: ドン・フリーマン
訳: さいおんじさちこ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1982年
ISBN: 9784593501687

ベストレビュー

本当だ、ポケットがない!!

『くまのコールテンくん』に出会って、なんて安心感を与えてくれる結末の絵本なんだろうと感動してから、何年経ったことでしょう。今年は、ひょんなことからコールテンくんには続編があることを遅ればせながら知り、そして、この絵本にも出会いました。

コールテンくんシリーズ3冊を読んでみて(内1冊は、フリーマンに基づくという本でしたが)、このシリーズには、「好奇心旺盛な探検好きなくまのぬいぐるみの話」という副題を付けたほうがいいんじゃないか?!と思いました。本当、このくまちゃんはよく旅に出るんですよね。そして、必ずという程、いい人に巡り逢えます。

くまちゃんは人間でいうと、3歳くらいの設定なのでしょうか? 口癖のような『ずっとXXしてみたかったんだ』というのがとても可愛らしく、そして色々な騒動を起こすのがこれまたクスっと笑え、そして最後に、優しいリサちゃんの大きな愛に包まれるというパターンがありますが、中1になった息子にも見せてあげたら、今回もまた、クスっと笑っており、やっぱりこの絵本の魅力はそこだなぁと思います。

あれ? コールテンくんは最初、ポケット、ついてなかったんだっけ?と、本棚から出してきて調べてしまいました。本当についていなかったんですね。なんかそんなところに注目して、続きの話が書けるってすごいなぁ。
やりたい放題なくまちゃんの話、お薦めです。是非、読んでみてください。
(汐見台3丁目さん 40代・ママ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

ドン・フリーマンさんのその他の作品

やぎのグッドウィン / ハロウィーンのまじょティリー うちゅうへいく / ドングリさがして / ダッシュだ、フラッシュ! / 門ばんネズミのノーマン / オペラハウスのなかまたち

さいおんじさちこさんのその他の作品

ローラースケートだ! / ぼくとおどりませんか


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 外国文学小説 > コーちゃんのポケット

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

コーちゃんのポケット

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.77

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声 32人

ママの声一覧へ

プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット