貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ヒロシマのピアノ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヒロシマのピアノ

  • 絵本
作: 指田 和子
絵: 坪谷 令子
出版社: 文研出版

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,600 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年07月
ISBN: 9784580820005

幼児から小学校低学年向き

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

爆心地から約1.8qのところにあったみさちゃんの家。大切にしていたピアノはこわれずに残ったが…。60年が過ぎ、再びその音色を響かせる被爆ピアノは…。
付録CD付き

ベストレビュー

ピアノが伝えることはとても大きい

広島で被爆したピアノが一人称で語る絵本。
戦争の悲惨さというものを実際にクローズアップして描いているわけではないので
刺激の強い描写は全くなく 怖がりの娘もすんなりと受け入れました。
しかし静かで淡々としたピアノの語り口が逆に「二度と繰り返してはいけないこと」を重く実感させてくれるような気がします。

付属のCDに収録されていますが
とてつもなく多くの命を奪った原爆のさなかを
生き抜いてきた被爆ピアノの音色はとても素晴らしいです。
そして現在も続けられている被爆ピアノのコンサート。
ぜひ聴いてみたいと思いました。
(さえら♪さん 40代・ママ 女の子7歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おかっぱちゃん
    おかっぱちゃん
     出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    NHK Eテレでアニメーション番組にもなった「おかっぱちゃん」が 新しいオリジナルストーリーをたずさ

指田 和子さんのその他の作品

はしれ、上へ! つなみてんでんこ / あの日をわすれない はるかのひまわり

坪谷 令子さんのその他の作品

ギュッてして / 子どもになりたいパパとおとなになりたいぼく / なんやななちゃん なきべそしゅんちゃん / ホラーハウスは海からいっぷん / 満月の百年 / 島物語5 とべ明日へ



長谷川義史さん イベントレポート&インタビュー

ヒロシマのピアノ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット