くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
きみ と ぼく
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

きみ と ぼく

作: 今江 祥智
絵: 長 新太
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「きみ と ぼく」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

出版社からの紹介

シロサイのライノと、サイトリのジーナ。まわりの仲間たちとはちがって、ちょっと不器用な、きみと、ぼく。それぞれひとりぼっちだったふたりが出会って、やさしい物語がうまれました。今江自身が、生涯の作品の中でも5本の指に入るほど大切に思っている名創作物語が、現代社会によみがえります。長新太のイラストが、テキストの温かみをサポートしています。

ベストレビュー

お互いを尊重し合っている

おしゃべりなシロサイ=ライノとちかめのサイトリ=ジーナは仲間と合わず、お互い相性がいいはずのサイトリ、サイ達にもそっぽをむかれ、いつも独りぼっち。

ライノもジーナもそれはそれでよかったのですが、ひょんなことから2匹は一緒にいることになりました。他のサイとサイトリのように都合がいいためだけにただ一緒にいるのではなく、互いを尊重して守り合っている絆がありました。

子どもにもサイノとジーナのような繋がりを理解して、もってもらえたらいいな、と思いました。

心地よい爽やかな気持ちになる本でした。
(101ちゃんさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


今江 祥智さんのその他の作品

あのこ / 子どもの本の海で泳いで / ごきげんなライオン すてきなたからもの / 優しさごっこ / ぼんぼん / ごきげんなライオン ともだちはくまくん

長 新太さんのその他の作品

クレヨンぞうさん / 帽子から電話です / 長新太の絵はがきブック おめでとう / かしてあげたいな / ひとつずつ / ベタベタブンブンおおさわぎ



『星のゆうびんやさん ハイタツマン』「アキレスケンさん」 インタビュー

きみ と ぼく

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット