もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
せなかがかゆいの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

せなかがかゆいの

作・絵: 浅沼 とおる
出版社: 鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「せなかがかゆいの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

<<品切れ再版未定>>

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2002年06月
ISBN: 9784790250753

対象年齢 3歳から

出版社からの紹介

夏、蚊に悩まされるのは人間だけではありません。海の生き物たちだって大弱りなのです! そんなときに登場してくれたのがたこのたこきち。みんなの苦しみを救ってくれるのです。浅沼とおる独特のユーモアがたっぷり味わえるこの一冊。最後まで読者の気持ちをひきつけることでしょう。親子で楽しめること間違いなしです。

ベストレビュー

たこきちくん、我が家にも来てください

海の仲間・・
まずはかもめが蚊にさされます。かゆくても背中がかけません。「たこきちくん背中をかいてくれ」
このかもめの目がとてもきもちよさそう・・・
次はなんと飛び魚。たくさんの飛び魚たちで8本の足をふるに使うたこきちくん。
次は亀です。
こどもたちからは「甲羅に蚊がさせるの〜?」との声。
次はくじら・・みんなであちこちかきます。「もうすこしうえ」「ちがう右」
みんなで蚊にさされたところを掻くとくじらさんの気持ちいい顔。
次はたこきちくん。でもちゃんと自分でかけるんです。
みんな「いいなぁ〜自分で、できて」
最後ななんと海です。
海の背中ってどこ??
でも「そこそこうーんきもちいい」で終わっているからみんなで背中の痒いところみつけたみたい。

かわいい。楽しい。ゆかい。
どんな年齢でも何度でも楽しめる絵本だと思います。
(とむままさん 40代・ママ 男の子10歳、女の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


浅沼 とおるさんのその他の作品

どんぐりにんじゃと たいほう / くらべてなるほど!しんかんせん / どんぐりにんじゃ / へんしんデパート / おやすみ ペンギン / ぼくとソラ



「いのち」の意味を考えさせてくれる絵本

せなかがかゆいの

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.15

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット