なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
リサとサンタクロース
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リサとサンタクロース

  • 絵本
作: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: 石津 ちひろ
出版社: ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,900 +税

「リサとサンタクロース」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784893094223

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

クリスマスの準備をしながら、リサはガスパールに言います。「わたしサンタさんをみたわ!おうちまであそびにいったし、おしゃべりもしたのよ。」
さぁ、リサの言う「サンタの国」のお話が始まります!それは、なかなかの想像力(失礼!本当の話だったね。)なのです。サンタのおうちには入り口にガードマンのしろくまが立っていて、なぜかピンクのフラミンゴもいて・・・。
大型絵本ならではの大画面で、サンタの国をリサと一緒に楽しめます。
最後のリサとガスパール、それぞれの言葉がとっても可愛いですよ。
リサはリサらしく、ガスパールはガスパールらしく、クリスマスを迎えるんでしょうね。

出版社からの紹介

クリスマスに いっしょにおかしをつくっていたリサとガスパール。
「きょねんのクリスマスに ぼく  サンタクロースを みたよ!」
すると、すかさずリサは、
「わたしだって サンタさんを みたわ!
おうちまで あそびに いったし おしゃべりも したのよ」
おもちゃこうじょうを けんがくしたりサンタクロースのへやに いったり...?!

ベストレビュー

あはは…わかるわかる。

いつもながら、面白い!!!
このちょっとウィットに富んだ面白さは、子どもにはまだ伝わらないでしょうが…。

リサとガスパールがクッキー(かな?)を作りながら、サンタ話をはりあって…と言うお話。

リサのサンタクロースに会ったお話なのですが、3歳のまだまだピュアな息子は、

「おお…これがサンタの世界か!!!」

と言う感じで、すごく喜んでいました。リサの思惑にはまってます…。
このシリーズは、大人が見ても、かわいらしく楽しいストーリーなので、大好きです!

こういう、友達とはりあっちゃって、どんどん話が大きくなるの…分かるなあ…。
(もももももさん 30代・ママ 男の子3歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アン・グットマンさんのその他の作品

ペネロペといつもなかよし ベビーギフトセット / おはなしえほん ペネロペ ゆきあそびをする / ペネロペのたのしいハロウィン / ぬのえほんベビー ペネロペとあそぼう / ペネロペとハローキティ りんごケーキをつくる / ガスパールこいをする

ゲオルグ・ハレンスレーベンさんのその他の作品

リサとガスパールひらがな・ABC育脳カード / ペネロペしかけえほん(13) ペネロペびょういんへいく / リサとガスパールのしんがっき / ペネロペいまなんじ? / ペネロペちきゅうがだいすき / リサとガスパールゆうえんちへいく

石津 ちひろさんのその他の作品

だれのおしり? まきばにいこう! / だれのおしり? サファリにいこう! / かこちゃんはひとりっこ / おばあちゃんと バスにのって / ねこってこんなふう? / セラフィナせんちょうになる



お気に入りのくだものはどれ?

リサとサンタクロース

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット