アリとくらすむし アリとくらすむし
写真・文: 島田 たく  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
アリとくらす、知られざるむしたちにせまる写真絵本。アリに姿をにせて身をかくすむしや、アリと助けあうむしなど、驚きの姿を大紹介!
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
進化の迷路 原始の海から人類誕生まで
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

進化の迷路 原始の海から人類誕生まで

  • 絵本
作・絵: 香川 元太郎
出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • 全ページためしよみする
  • ちょっとためしよみする

発行日: 2007年08月
ISBN: 9784569687285

幼年から
A4判変型上製

この作品が含まれるシリーズ

関連するスペシャルコンテンツ


香川元太郎さんにインタビューしました!

みどころ

『時の迷路』『文明の迷路』『自然遺産の迷路』と続く、香川元太郎さんの「迷路絵本」。遊んで学べる絵本として大人気のシリーズです。今まで、様々な時代の自然や文明の風景を旅してきましたが、今回のテーマは「進化」。更に時をさかのぼり、古代生物たちがたくさん登場するようですよ。

舞台はタイムマシンであつめた昔の生き物がいるという「進化の島」。進化の研究所があるらしい。さあ、昔の生き物にあいに行こう。そして、進化の島の謎を、ときあかそう!

最初にやってきたのは、研究所。昔の生き物を、島のエリアごとに放しがいにして研究しているのだけれど、大切なデータが入った12枚のディスクを鳥たちがぬきとって逃げてしまったのです。まずは研究所の迷路を通って、隠し絵を見つけて、クイズを解いたら、各エリアへと出発。「三葉虫の入り江(カンブリア紀・オルドビス紀)」、「魚たちの海(シルル紀・デボン紀)」、「巨大シダの沼(石炭紀・ペルム紀)」、「は虫類の森(三畳紀)」、「恐竜の平原(ジュラ紀)」、「花と恐竜の谷(白亜紀)」、「ほ乳類の丘(第三紀)」、「けものたちの高原(第四紀)」、「原人の洞窟」、そして島の中心となっている「進化の木」まで全12画面、生命の歴史をたどりながらディスクを探していきます。

各場面、見開きページで楽しめる迷路は2つ。簡単に通り抜けられる迷路とむずかしい迷路です。隠し絵はひとつではありません。思わぬところに思わぬ絵、たくさんの絵を見つけなければなりません。さらにクイズはじっくり読みながら解いていきます。ところが、巨大なオウムガイや見た事もないような巨大魚、さらに恐竜からマンモスまで!次から次へと登場する珍しい生き物たちに目を奪われてしまいます。これではなかなか前に進みませんよね。当然です。大人だって夢中になってしまうのですから。確かな歴史考証をもとにして描かれている迷路の画面。子どもたちは遊ぶ喜びはもちろん、この絵本を通して知識を得る喜びも感じているに違いありません。

・・・島の謎は全部解けちゃった?
まだまだ大丈夫、さらに見つけなければいけないものがたくさんあるのです。どうやら「悪のスパイ・イージワル」という人物がまぎれているらしく・・・!?もう一度進化の島にいってらっしゃーい。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

進化の迷路 原始の海から人類誕生まで

出版社からの紹介

大好評『時の迷路』『文明の迷路』『自然遺産の迷路』に続く第4弾! 古代生物をめぐる進化の島へ出発し、盗まれたディスクを探します。遊びながら生命の歴史に興味を持てる一冊。

進化の島の研究所からスタート→「三葉虫の入り江(カンブリア紀・オルドビス紀)」→「魚たちの海(シルル紀・デボン紀)」→「巨大シダの沼(石炭紀・ペルム紀)」→「は虫類の森(三畳紀)」→「恐竜の平原(ジュラ紀)」→「花と恐竜の谷(白亜紀)」→「ほ乳類の丘(第三紀)」→「けものたちの高原(第四紀)」→「原人の洞窟」→「進化の木」

各エリアにある、迷路、かくし絵、むつかしい迷路、クイズなど、一見開きで何度でも遊ぶことができます。また、最後の問題でもある「進化の島の謎をさぐれ」では、探し物をするため、再度各頁に戻り、更なる面白さを発見できます。見返しやカバー袖にまで、かくし絵やクイズが入り、思う存分楽しめる迷路絵本です。

ベストレビュー

もりだくさん!

娘の大好きなシリーズです。恐竜が好きになってきた娘は、昔の生き物とかが出てくるのを楽しんでいました。
他の本同様、迷路あり隠し絵ありさがしものありで、とっても楽しめます。ありがたい。
娘は「進化」をまだちゃんと理解できてはいないというか、初めて聞いた言葉かもしれません。でもこの本を通じてなんとなくこういうことかと感じることが出来るといいなと思います。、
(じっこさん 30代・ママ 女の子5歳、男の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

香川 元太郎さんのその他の作品

ポケット版 宇宙の迷路 / ポケット版 昆虫の迷路 / ポケット版 物語の迷路 / お化けの迷路 / 水の国の迷路 水族館から川、海、深海の旅へ / ポケット版 進化の迷路 ポケット版 進化の迷路



安野光雅さんの長年の思いを絵筆に込めた、豪華な翻訳本!

進化の迷路 原始の海から人類誕生まで

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.85

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット