もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
百まいのきもの
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

百まいのきもの

  • 絵本
作: エリノア・エスティーズ
絵: ルイス・スロボドキン
訳: 石井 桃子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥900 +税

「百まいのきもの」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1954年
ISBN: 9784001100389

小学3.4年以上

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

友だちもなく,ひとりぼっちの少女,ワンダ・ペトロンスキー.毎日同じ,色あせた青い服を着ているのに,家には「百まいのきもの」があると言い張るので,同級生のペギーとマディーは,からかわずにはいられません.そして,ある日のこと….むずかしい言葉はひとつも使わず,「いちばん大切なこと」を語りかける名作絵本.

ベストレビュー

子供に読んでもらいたい本

これはいじめを題材にした本です。
特にいじめる子に従う子マディーの心の様子がよく書かれています。
自分はこんなことしたくないのに、ペギー(いじめる子、クラスの人気者)に嫌われるのが怖いからやりたくないと言えずにいるのです。
ワンダ(いじめられる子)はきものの話をみんなでしているときに、きものが百枚もあると言ったために毎日このことでからかわれるようになります。私もなんでそんなことを言うのだろう!と思いましたが、読み進めていくとその答えがわかります。ワンダはうそをついたわけではなかったのです。
いじめはふとしたきっかけでいつでも始まるのです。
でも、自分以外の人も自分のことのように考えたり、自分の都合ばかりを優先するのをやめれば、いじめよりももっと楽しい事があると思うのです。
(イザリウオさん 30代・ママ 男の子7歳、男の子5歳)

出版社おすすめ


ルイス・スロボドキンさんのその他の作品

カルペパー一家のおはなし / さかさ町 / おうさまのくつ / ルイージといじわるなへいたいさん  / やさしい大おとこ / ピーターサンドさんのねこ

石井 桃子さんのその他の作品

イーヨーのあたらしいうち / プー あそびをはつめいする / プーのはちみつとり / 子どもに歯ごたえのある本を / ことらちゃんの冒険 / 福音館文庫 山のトムさん ほか一篇



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

百まいのきもの

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット