おいしそうなしろくま おいしそうなしろくま おいしそうなしろくまの試し読みができます!
作・絵: 柴田 ケイコ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
たべものの中にはいったてみたら、どんな感じかな?
大切な子へのプレゼントに。【お子様の名前入り】はらぺこあおむしのバスタオル。
カロリーヌとおしごとロボット
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

カロリーヌとおしごとロボット

  • 絵本
作・絵: ピエール・プロブスト
訳: 山下 明生
出版社: BL出版 BL出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「カロリーヌとおしごとロボット」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784892387081

26×19cm 27頁


バナーをクリックすると、BL出版のおすすめ絵本がご覧いただけます

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

さあ、大問題です!
プフも、ノワローも、ほかのなかまたちも、お手伝いさんが来てくれなければ、夏休みのキャンプには行かないと言い出したのです。
こまったカロリーヌが思いついたのは、おてつだいロボットを手に入れること!
これで楽しい夏休みがすごせると思ったなかまたちですが…。

ベストレビュー

お仕事ばかりじゃね

カロリーヌという女の子と8匹の動物たちがキャンプにでかけます。でも、お炊事・お掃除・お洗濯なんてしたくない。そこで、お仕事ロボットをつれていくことにしたのです。

お仕事ロボット、最初はまじめにせっせと働きますが、だんだん嫌気がさしてきて…楽しいと思っていたことでも、それが繰り返されると飽きてくるのは、人間もロボットも同じだと、教えてくれているみたいに。

ロボットに働かせてばかりいたカロリーヌたちも、ロボットの気持ちをわかろうと心を動かすようになります。ロボットがただのお手伝いさんではなく、カロリーヌたちの大事な友達に変わった、すてきなキャンプだったと思います。
(けいご!さん 30代・ママ 女の子8歳、男の子4歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!
  • わすれもの
    わすれもの
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ぼく、ここでまってなきゃ。 切なくてあたたかい、ちいさな「わすれもの」の気持ち。

ピエール・プロブストさんのその他の作品

カロリーヌ えいがを とる / カロリーヌは ベビーシッター / カロリーヌとネスこのゆうれい / カロリーヌとまほうのやさい / カロリーヌはめいコーチ / プフとノワロー ゆきやまへいく

山下 明生さんのその他の作品

だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく / ドングリさがして / 長新太の島・かいぞくオネション



取り外せるマイクでうたおう♪あそぼう♪

カロリーヌとおしごとロボット

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット