宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
フォーニコン
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

フォーニコン

作・絵: トミー・ウンゲラー
訳: 伴田良輔
出版社: 水声社

本体価格: ¥1,800 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「フォーニコン」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

ベストレビュー

絵本作家のもう一つの顔

フランスの絵本作家トミー・ウンゲラーの描く、
機械仕掛けの「性の快楽」の永久機関とでもいうべきイラストが、
多数掲載されています。(子どもにはあまり勧めできません・・・)

内容としてはかなり偏執的なエロティックなものです。
子どもを楽しませる絵本作家がこうした本を発刊するということ自体とても珍しく、
一方で深い人間の闇の部分を垣間見ることができる気がします。

読み取れる示唆としては、「愛なき世界への抵抗」でしょうか。
機械に支配された快楽の世界を描くことで、愛のない性の消費が進む社会への作者なりの抵抗・警鐘という文脈に位置付ければ、腑に落ちます。
(lazy−planetさん 30代・パパ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


トミー・ウンゲラーさんのその他の作品

どこへいったの?ぼくのくつ / どこにいるの?かたつむり / アデレード そらとぶカンガルーのおはなし  / あおいくも / Moon Man (月おとこ 洋書版) / The Three Robbers (すてきな三にんぐみ 洋書版)



なかやみわさん×絵本ナビ代表・金柿秀幸 対談インタビュー

フォーニコン

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット