しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
子いぬのかいかたしってるかい?
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

子いぬのかいかたしってるかい?

  • 絵本
作: モーリス・センダック マシュー・マーゴーリス
絵: モーリス・センダック マシュー・マーゴーリス
訳: 山下 明生
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1980年
ISBN: 9784039610706

3・4歳から

出版社からの紹介

二人の兄妹が拾ってきた子犬のいたずらで家の中はめちゃくちゃ。漫画風の絵と言葉のやりとりが楽しい、センダックの傑作絵本。

ベストレビュー

言うことがどんどんかわる

女の子と男の子で言うことがちがうのがおもしろいと思いました。

犬をかうのはたいへんだと思いました。

かわいいからかいたいです。

男の子と女の子が言うことがどんどんかわるからおもしろいと思いました。

この本を読んだら、犬がかいやすくなるのかなあと思いました。
(はなびや2号さん 10代以下・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


モーリス・センダックさんのその他の作品

ちょうちょのために ドアをあけよう / とてもとてもサーカスなフロラ / わたしの兄の本  / そんなときどうする? / バンブルアーディ / そんなときなんていう?

山下 明生さんのその他の作品

ハリネズミ・チコ(4) スターライト号でアドリア海へ / ハリネズミ・チコ(3) フライパン号でナポレオンの島へ / だれのものでもない岩鼻の灯台  / ハリネズミ・チコ(2) 大きな船の旅 ジャカスカ号で地中海へ / ハリネズミ・チコ(1)大きな船の旅 ジャカスカ号で大西洋へ / おしえてベッカンあきのえんそく



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

子いぬのかいかたしってるかい?

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット