すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
絵本 おこりじぞう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

絵本 おこりじぞう

  • 絵本
作: 山口勇子
絵: 四国 五郎
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

「絵本 おこりじぞう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1979年11月
ISBN: 9784323002378

幼児
A4変型判 36ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

1945年8月6日。広島の町角に立つわらいじぞうが見たものは、まるで太陽が落ちてきたとしかいいようのない光景だったのです…。作家と語り部と画家が悲しみと怒りをこめて描く入魂の絵本。

ベストレビュー

悲しすぎるお話ですが

図書館で娘の本を選んでいた時にこの本が目に入りました。
私が小学生時代に何回も読んだ本です。

いつもにこやかなお地蔵様がとてつもなく恐ろしい顔になり、やがて涙を流す。その涙を原爆で体中をヤケドを負った少女が「みず・・・」とゴクゴク飲んでやがて息絶える・・・。
涙なしには読めません。

4歳の娘にはまだ早いかなと思いつつ借りて早速読んでやりましたが、途中で涙が出て読めませんでした。

娘がもう少し大きくなって「せんそうはいけないことなんだ」と分かるようになったら読んでやりたいと思います。
(まおゆきさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


山口勇子さんのその他の作品

ヒロシマの火 / イワキチ 目をさます / おこりじぞう / かあさんの野菊



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

絵本 おこりじぞう

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット