もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
安心してください、はいてますよ! パンツをぬがしてから読む絵本
おしゃれがしたいビントゥ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おしゃれがしたいビントゥ

作: シルヴィアン・A・ディウフ
絵: シェーン・W・エヴァンス
訳: さくま ゆみこ
出版社: アートン

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おしゃれがしたいビントゥ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年02月
ISBN: 9784861930706

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

「わたしの ねがいは おしゃれな みつあみ。
ねぇ、どうして ちいさいこは みつあみにしちゃいけないの」

アフリカの女性は、
子どもも大人もおしゃれが大好き。
着るものや装飾品ばかりでなく、
ヘアスタイルにもこだわっています。
こまかく、たくさん編んだみつあみを知っていますか?
それは、美しく育った娘たちのおしゃれのひとつ。
主人公・ビントゥもおねえさんやママのように
みつあみのおしゃれをしたいのですが、おばあちゃんはまだ早いと言います。
そんなある日、事件がおきて……。
すてきな女の子になるには、どうしたらいい?
西アフリカ・セネガルの村の暮らしの描かれた絵本です。

ベストレビュー

大人への階段

 おしゃれと一言でいうけれど、子どもの言い分と、大人の言い分と、どこまで行けば仲良くわかり合えるのか、世界共通の問題だなあ、そう感じながら読み始めるのです。この絵本の舞台セネガルでは、日本と異なる何か、意図することが三つ編みにあるのでしょうね。民族色豊かな色彩と模様だって、意味があるのですから。
 作中にいのちの大切さ、人との関わり方、子どもと大人との会話があふれています。ひとつひとつ、一段一段大人なっていくことを、ビントゥのおばあちゃんを通じて聞かされている、そんな気持になりました。ゆっくりでいいんだよってね。感謝。
(もゆらさん 50代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

さくま ゆみこさんのその他の作品

くらやみのなかのゆめ / ウィニー 「プーさん」になったクマ / バンブルアーディ / ノックノック みらいをひらくドア / 白いイルカの浜辺 / みんなからみえないブライアン



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

おしゃれがしたいビントゥ

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット