ハッピーイースター ハッピーイースター ハッピーイースターの試し読みができます!
作・絵: ヨシエ  出版社: くもん出版
イースターってなあに? たまご探しと楽しいパーティー!?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
チロヌップのきつね
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

チロヌップのきつね

  • 絵本
作・絵: 高橋 宏幸
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「チロヌップのきつね」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1972年
ISBN: 9784323002316

出版社からの紹介

北海の孤島できつねの親子が平和にくらしていました。しかし、戦争の余波は、この親子にまでおよんできたのです。英語版・ドイツ語版が出版され、アニメ映画でも話題をさらった詩情豊かな絵本。

ベストレビュー

小学校低学年の頃に読みました

読んだのは20年ちょっと前ですが、
おじいさん達が見つけた、花の中のちびこの赤いリボンの鮮やかさを覚えています。
それと一緒のワナも・・・。

少し前に戦争とは何かを論じる番組を見ましたが、
その中で、国連での武装解除活動に従事した方が、
「武器があるから戦争が起こるのではない。どんな物でも“武器”として人を殺す事ができる。それを使うのは人間だ」
「性善説・性悪説というよりも、人は熱狂する。それは本質的なものだ」
と話されていた事が非常に印象深かったです。
目から鱗が落ちたと共に、深く同意しました。

どうして戦争は起こるのか。
人は“洗脳されてしまう”。そして“熱狂する”。
平和は大事だよ!ということだけではなく、
本質的に人間は弱く、良いことだけでなく悪いことにさえも熱狂してしまう。本質が見えなくなってしまう。
そのことを、少しずつ子ども達に伝えていきたいと、改めて思いました。
(ももうさ♪さん 20代・ママ 女の子2歳、女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

高橋 宏幸さんのその他の作品

ものがたりチロヌップのきつね / すずのねえほん ばあばとあそぼう / 花になった子うし / おしっこおばけ / みつけたみつけた / おつきさんのめだまやき



SNSで大反響“1歳半ぐらいの子どもの行動”あるある〜!

チロヌップのきつね

みんなの声(36人)

絵本の評価(4.68

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット