おばけなんてないさ おばけなんてないさ
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
誰もが歌ったことのある童謡「オバケなんてないさ」が、せなけいこのユーモアあふれる貼り絵で楽しい絵本になりました。
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
ふゆのものがたり
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふゆのものがたり

  • 児童書
作・絵: ルース・エインズワース
訳: 河本 祥子
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ふゆのものがたり」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 1999年
ISBN: 9784834016369

読んであげるなら・ 5・6才から
自分で読むなら・ 小学低学年から

出版社からの紹介

冬の夜、男の子ダークが目を覚ますと、窓から何かがのぞいている。いったい何者だろう? 多感な男のことトナカイとの不思議な出会い、そして別れを描いた幼年文学の傑作。

ベストレビュー

予想したものとちょっと違いました

冬のお話なので、今の時期にぴったりだと思って選びました。

最初はエインズワースの「ちいさなろば」に似たところがあるのかな?ほのぼのとしたところがあるのかな?と思っていました。

トナカイと少年・ダークのほのとぼのとした友情物語なのかな?と思ったら予想したものとちょっと違いました。

内容がわかってしまうので、詳しくは書けないのですが、後半は日本なら安房直子さんでも書きそうな展開だと思いました。

アンデルセンだと「雪の女王」のような感じかな。あそこまでは怖くはないのですけどね。

読み終わった後で、切なさが残りました。

エインズワースらしく子どもの心理描写はとても細やかだと思いました。

おそらく低学年向けだと思いますが、自然描写や心理描写が細かいので、子どもの一人読みより大人が読んで聞かせた方がお話の世界に入りやすいだろうと思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルース・エインズワースさんのその他の作品

きかんしゃホブ・ノブ / あかいぼうしのゆうびんやさん / きかんしゃホブ・ノブ / きかんしゃボブ・ノブ / 大型絵本 こすずめのぼうけん / ちいさなろば

河本 祥子さんのその他の作品

ごきげんいかが がちょうおくさん / おしゃべりなカーテン / おっとあぶない がちょうおくさん / マフィンおばさんのぱんや / グッディさんとしあわせの国 / ともだちができたよ ニューヨークからの手



ミキハウスの「宮沢賢治の絵本」シリーズ  とことん語ろう!座談会

ふゆのものがたり

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット