新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

きかんしゃ1414

きかんしゃ1414

  • 児童書
作: フェルト
絵: 赤坂 三好
訳: 鈴木 武樹
出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,320

「きかんしゃ1414」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1968年
ISBN: 9784035320609

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
22cm×16cm 150ページ 判型:A5判

出版社からの紹介

働き疲れた老機関車がこっそり夜のひとり旅に出かけます。機関車と少年の冒険と友情を描くほのぼのとしたファンタジー。

ベストレビュー

清々しい話です

6歳の長男に読みました。あまり乗り物には興味を示さない息子ですが、今度の休みにSLに乗ることになったので、何か関係するものを読んで興味を引き出せればと思って選びました。

小学生の読書に推薦されているのをよく見かけます。61歳の機関車1414号が、ある日毎日のルーティーンワークに疲れてしまうと、運転手のアルフレートが一晩の休みを取ることに手を貸してくれます。すると1414は一人で夜中に旅に出かけたのです。

もちろん鉄道関係者は大騒ぎ、アルフレートも心配しますが、当の1414は少年ペーターと出会い、自分でも思いもよらなかった冒険をおかすことになります。そして、翌朝の発車時刻に遅れずに駅に戻るのです。

鉄道を走るからこそのスピード感、危機感なども随所にちりばめられており、機関車トーマスで知られる『汽車のえほん』シリーズと共通する面白さもあります。

スリルがあってドキドキして引き込まれる話ですし、読み終わった後もとても清々しい気持ちになります。訳者のあとがきを読んで納得したのですが、やさしい心が世の中を明るくするという著者の哲学が全体を通じてよく伝わってくるからだと思います。

推薦書になるだけの理由があります。一見地味な本ですが、お勧めします。
(さみはさみさん 40代・ママ 男の子6歳、男の子2歳)

関連記事

出版社おすすめ




いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

きかんしゃ1414

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら