大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
大好きな絵本の可愛いあの子!【絵本キャラクターぬいぐるみ大集合】
グッディさんとしあわせの国
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

グッディさんとしあわせの国

  • 児童書
作: ルース・エインズワース
絵・訳: 河本 祥子
出版社: 岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「グッディさんとしあわせの国」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1995年
ISBN: 9784001159929

小学2.3年以上

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

海べにくらす少年ベンは,いつもいっしょに遊んでいた小さな木の人形「グッディさん」を海に落としてしまって…….海べを愛したエインズワースの,やさしさにあふれた作品3編をおさめます.

ベストレビュー

読み聞かせに向いています

三話収録されています。

表題作の「グッディさんのしあわせの国」、とても優しいお話だなあと思いました。

特にお姉さんのマーサの弟・ベンに対する関わり方がおかあさんのような優しさで気にかけて見守っている様子、こんな優しいお姉さんがほしいと思いました。

子どもへの接し方としても参考になりますし、子どもはこんな風に優しく見守ってほしいと思うものなんだろうと思いました。

「海辺の小屋」も三人きょうだいと海辺の小屋に住む見知らぬ人との密かな交流ぶり、そして三人きょうだいのおかあさんがよかったです。

「幸運な男アンガス」は三話中、一番大人っぽい感じがしました。
「天女の羽衣」彷彿とさせるようなお話で、読み終わった後がとても切なく感じました。

どれもエインワースらしい優しさが漂う作品だと思います。

二年生ぐらいから一人読みもできそうですが、読み聞かせにも向いていると思います。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ルース・エインズワースさんのその他の作品

きかんしゃホブ・ノブ / あかいぼうしのゆうびんやさん / きかんしゃホブ・ノブ / きかんしゃボブ・ノブ / 大型絵本 こすずめのぼうけん / ちいさなろば

河本 祥子さんのその他の作品

ごきげんいかが がちょうおくさん / おしゃべりなカーテン / おっとあぶない がちょうおくさん / ふゆのものがたり / マフィンおばさんのぱんや / ともだちができたよ ニューヨークからの手



ハッピーなおやすみのえほん!

グッディさんとしあわせの国

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット