なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
グッチーさん 50代・その他の方

幼児におすすめ
5歳くらいの子におすすめだと思います。…
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
うちのおばあちゃん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

うちのおばあちゃん

  • 児童書
作: イルゼ・クレーベルガー
絵: ハンス・ベーレンス
訳: 齋藤尚子
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年
ISBN: 9784198611491

小学校低中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ピーゼラング家の子どもたちのじまんはおばあちゃん。ローラースケートですべったり、アイススケートの最中に湖でおぼれた子を助けたり、そしてなにより、子どもの気持ちをとてもよくわかってくれる、すてきなおばあちゃんなのです!ドイツで三十年以上読みつがれ、150万部以上ものロングセラーとして今なお子どもたちに人気の物語。

ベストレビュー

自慢のおばあちゃん

自慢するのがわかるすてきなおばあちゃんのお話です。
短編形式でどのお話でもこのおばあちゃんの活躍が読めます。
私が一番感心したのはほうれんそう嫌いの子供に自分から「ほうれんそうを食べる!」と言わせたところです。
押しつけがましく強要しないところがいいですね。
でもダメなことはしっかりダメ!と言える人なんです。
子供たちがおばあちゃんを大好きなのが実によくわかります。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子3歳、女の子1歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


齋藤尚子さんのその他の作品

おばあちゃん、ぼしゅう中! / フランチスカとくまのアントン / もっと!そばかすイェシ / こいぬのジョリーとあそぼうよ / クルリン



めいろをなぞりながらクイズでも遊べる絵本!

うちのおばあちゃん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット