キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
クリスマスのおすすめ続々更新中♪ 『絵本ナビのクリスマス2017』 がオープンしました♪
小さなスプーンおばさん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

小さなスプーンおばさん

  • 児童書
作: アルフ・プリョイセン
絵: ビョーン・ベルイ
訳: 大塚 勇三
出版社: 学研 学研の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥900 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

絵本クラブ
発行日: 1966年04月
ISBN: 9784051046507

小学生(中学年)〜
A5・168頁

8〜9歳 編集部おすすめ

この作品が含まれるシリーズ

みどころ

ある朝、突然ティースプーンくらいに小さくなってしまうおばさん。ところがおばさんはちっとも動じません。「おやまあ、なんてこった!」とぶつぶつつぶやきながら、「小さくなっちゃったんなら、それでうまくいくようにやらなきゃならないわね」と動物たちに家の掃除をさせ、フライパンやつぼをなだめすかして、ご亭主の昼食のパンケーキまで焼いてしまうのです。おばさんののびのびしてユーモラスなこと、マカロニ・スープやコケモモジャムのおいしそうなことといったら!

作者、アルフ=プリョイセンは、ノルウェー出身の作家。1914年(100年も前ですね)に片田舎の農場で働くまずしい両親のもとにうまれたため、彼自身も幼い頃から農場で働き、学校に行きませんでした。
でも彼のゆたかな才能は、自然に人々に知られるようになりました。あちこちのお祭りや踊りの場で、自作の歌をうたってよろこばれ(歌をうたうのも上手だったそうです)、やがて書いた物語が評判になり、とりわけ人気を得たのがティースプーンおばさんのお話だったそうです。本は各国語に翻訳され、世界に愛される作家になりました。日本では1980年代にテレビアニメ化され、NHK総合で「スプーンおばさん」として放送されます。本書はその原作です。

お話のなかで小さくなったおばさんは、カラス会議に出席してカラスとおしゃれを競ったり、夏至祭りの焚き火用の木にのぼって燃やされそうになったりします。おばさんがひき起こす珍事件は、どれも不思議さと、陽気さにあふれています。そうそう、忘れちゃいけない、愛するご亭主との愛嬌あるやりとりや、おばさんの小気味いいせりふも、クセになっちゃうほどわくわくしますよ!
プリョイセンの特徴を、訳者の大塚勇三さんが「農村の吟遊詩人としてそだってきたよさ」と表現していますが、まさにそのとおり。おおらかで素朴で、やさしくてへこたれない『小さなスプーンおばさん』に、きっとこれからの時代も多くの人々が癒され、勇気づけられるでしょう。「人間が生きること」の普遍的なおもしろさを教えてくれる、傑作です。

(大和田佳世  絵本ナビ編集部)

出版社からの紹介

ある朝、目がさめたら、いきなり茶さじくらいに縮んでしまうスプーンおばさん。気丈なおばさんは少しもあわてず、てきぱきと困難をきり抜けていく。気のやさしいご亭主との静かな暮らしのなかでおこる珍事件を明るくユーモラスに描いた物語。

小さなスプーンおばさん

ベストレビュー

懐かしい!

図書館で見かけて、おもわず手に取りました。
そして読んでみて、「あぁ、やっぱり!」と思いました。

私が小さい頃、テレビでやっていた、あのスプーンおばさんですね!
もう嬉しくて嬉しくて、思わず叫んでしまいそうでした。
そして懐かしい気持ちがこみあげてきました。
こうして自分の子ども時代にタイムスリップできる!
絵本や児童書の素敵なところですね。本当に嬉しかったです。
いつか子どもたちもこの本を手にとるのかな。楽しみです。
(りおらんらんさん 30代・ママ 女の子3歳、男の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    コンビニのおでんを見て思いついた楽しい知育絵本。おでんしゃ、出発しまーす!

アルフ・プリョイセンさんのその他の作品

やさしいスプーンおばさん / がんばるスプーンおばさん / ゆかいなスプーンおばさん / スプーンおばさんのゆかいな旅 / スプーンおばさんのぼうけん / 10までかぞえられるこやぎ

ビョーン・ベルイさんのその他の作品

スプーンおばさんのクリスマス / スプーンおばさんちいさくなる

大塚 勇三さんのその他の作品

岩波少年文庫 大力のワーニャ / グリムの昔話 赤ずきん / コマツグミのむねは なぜあかい / ペーテルとぺトラ / 岩波少年文庫 やかまし村はいつもにぎやか / おおきなかぬー



「P-kies Educational Series」<br>mizukaさん きはらようすけさんインタビュー

小さなスプーンおばさん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット