ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
蚤の市
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

蚤の市

作・絵: 安野 光雅
出版社: 童話屋

本体価格: ¥1,450 +税

「蚤の市」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

 文字のない物語絵本で、絵の細部を追っていくだけで自然と物語が生まれてきます。安野絵本の真骨頂を示す、品格の高い傑作です。

ベストレビュー

行ってきました蚤の市

安野さんの作品だったので選びました。本当に見どころ一臂で娘と二人して蚤の市に行った気分に浸ることが出来ました。物が沢山あるのですべて見るのに沢山の時間がかかりましたがそれこそが蚤の市の楽しみだと考えるので有意義な時間を過ごすことが出来ました。見どころは物だけではなく売り手や買い手などの行動や持ち物まで様々です。私は白雪姫に登場する魔女や、不思議の国のアリスもお客さんとしてきているのを見かけましたし娘はじっくり物や人を見るのを楽しんでいる様子でした。同じ絵本を見ていても違う楽しみ方が出来るのも良かったです。今度は本物の蚤の市に行きたくなりました。
(ぴょーん爺の娘さん 20代・ママ 女の子 5ケ月)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


安野 光雅さんのその他の作品

森のプレゼント / 大きな森の小さな家 / マッチの気もち / 6月31日6時30分 / 空想工房の絵本 / Eraser けしゴム



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

蚤の市

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット