大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!
【クリスマスプレゼントにオススメ♪】 一目惚れ続出の「乗れちゃうはらぺこあおむし」。大人気販売中です!
ぽぽんぴ ぽんぽん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ぽぽんぴ ぽんぽん

作: 松竹いね子
絵: ささめや ゆき
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥390 +税

「ぽぽんぴ ぽんぽん」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年08月

10ヶ月〜2才向き
こどものとも0.1.2. 2007年8月号

出版社からの紹介

「たろうくんの おへそは どーこ?」。たろうくんがシャツをめくりあげると、ほら、"ぽんぽん"のまん中にありました。おへそは子どもにとって、なんとも不思議な存在です。だって自分の体の中心に、なぜかへこんだ(でっぱった?)ところがあるのです。くまさんも、かばさんも、おさるさんも、みんな一緒です。「○○ちゃんの おへそは どーこ?」と、親子でやりとりを楽しんでみてください。

ベストレビュー

響きの楽しい絵本♪

古本屋さんで、ただ安いという理由でなんとなく購入。
偶然出会った絵本ですが、娘が1歳〜2歳の頃に気にいってよく読んでいました。

そして今、「ぽぽんぴ ぽんぽん」というリズミカルな言葉に、今1歳の息子がハマっています。「おへそ」という言葉を聞いただけで、読んでもらおうを絵本を探しに行きます(笑)何度も何度も読めとジェスチャーでせがまれて、少々疲れてしまうほどです…。

短い繰り返しの文章と、シンプルな絵、「ぽぽんぴ ぽんぽん」という不思議な言葉が魅力の可愛い絵本です。
(いちがつにがつさん 30代・ママ 女の子4歳、男の子1歳)

出版社おすすめ


松竹いね子さんのその他の作品

むくむく もごもご / じかきむしのぶん / かみのけちょっきん / つきみそうがさいた  / なにがはいってるの / つみくさにいったら

ささめや ゆきさんのその他の作品

おとうさんは、いま / 三方一両損 / バイバイ、わたしの9さい! / なかよくなれたね / 椅子 しあわせの分量 / あひるの手紙



宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

ぽぽんぴ ぽんぽん

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット