おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろう おしっこちょっぴりもれたろうの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケさん、待望の最新刊! もれたって、いいじゃないか、ちょっぴりなんだから!
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
リーラちゃんとすいか
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

リーラちゃんとすいか

作・絵: マリリン・ハーシュ
訳: おかべうたこ
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

「リーラちゃんとすいか」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1978年
ISBN: 9784593600342

課題図書すばこ

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

スイカを食べる時期にぴったり

リーラちゃんは夏が大好きです。なぜって暑いけれどすいかがいっぱいあるから。でもある日すいかをたくさんあわてて食べて、たねまでのみこんでしまいました。すると、兄さんが「種を飲み込むとおなかの中ですいかがなるぞ。」というのです。リーラちゃんは、本気にして、それからすいかを食べません。そんなあるひ、大きなおなかをした女の人を見かけます。その人は、妊婦だったんだけれど、リーラちゃんは、スイカの種を飲み込んだんだとおもいます。リーラちゃんは、その女の人も自分も心配になり悩みます。あるひその女の人が家の前を通らないので、その人の家に行ってみると、赤ちゃんが生まれていました。そこでやっとリーラちゃんは、兄さんにからかわれたことを知ります。最後は、そのことをおばあちゃんに話すと、おばあちゃんが市場で一番大きなスイカをリーラちゃんに買ってくれたというお話です。2歳の息子は、とても心配そうにだまって話を聞いていましたが、赤ちゃんが生まれたところで、「なんだ、ぴよちゃん(わがやでは、胎児をこう呼びます。)だったのか」と、ほっとしたようにつぶやきました。とってもどきどきしていたようです。絵は、とてもアジアンちっくで、華やかではないけれど、本当に楽しく読めます。
(えみちゃんさん 30代・ママ 男の子2歳、男の子0歳)

出版社おすすめ

  • くだものどうぞ
    くだものどうぞ
     出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    ★おいしそう・おもしろいがあふれだす★   扉をめくるとおいしそうな果物の中身が現れるしかけ絵本



トビラの先に広がる奇妙な世界『ヒミツのトビラ』長田真作さんインタビュー

リーラちゃんとすいか

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38




全ページためしよみ
年齢別絵本セット