雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…
【2歳のあの子へ】絵本をよみながら、たくさんの会話や発見ができるのが楽しいですね。「2歳向け絵本セット」
つづきの図書館
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

つづきの図書館

作: 柏葉 幸子
絵: 山本 容子
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2010年01月
ISBN: 9784062160100

出版社からの紹介

柏葉幸子の心温まるファンタジーと山本容子の美麗なイラストのコラボレーション!
「青田早苗ちゃんのつづきが知りたいんじゃ!」読者が物語のつづきが気になるように、登場人物たちも、読者のつづきが気になっているのです……。

「霧のむこうのふしぎな町」「牡丹さんの不思議な毎日」の作者が贈る、田舎町と図書館を舞台にした、ユーモアたっぷりの心温まるファンタジー!!

ベストレビュー

主人公の原風景

読んでいてしみじみとしてきたのです。
父親の事業の失敗で後にした自分の故郷。
両親は早くなくなり、結婚したものの離婚してバツイチ。
自分の職場の倒産で居場所のなくなった桃さん。
そんな桃さんが、妙な連絡で身寄りを失ったおばさんの介護にと生まれ育った町に舞い戻り、図書館に勤めることになります。
自分にとって、記憶の中にある原風景。
児童書でありながら、物語は私をがんじがらめにしてしまいました。

桃さんのもとに現れる絵本の登場人物は「はだかの王様」「おおかみと七匹のこやぎ」のオオカミ、「うりこひめ」のあまのじゃく。
それぞれに人を探してほしいと、変わったリクエスト。
忘れられない自分に大切なものをさがしている利用者(?)のために、桃さんはレファレンス(ではなくて人生相談)に力を貸すことになります。
自分の思い出で忘れることのできない人を訪ね歩きます。
そして、この物語そのものが桃さん自身のためだったということを知ります。
自分の生い立ちと、父と親族。
これって、子どもには難しいんじゃないのと思いながら、小さいころから転居ばかりしていた自分の昔にこの物語をなぞらえてしまいました。

多分、この物語は子どもにとっては親への問いかけになるのです。
お父さん、お母さんはどのように育ってきたの?
お父さん、お母さんのふるさとって何?
幼馴染ってどんな人?
そして、どんなお話を読んで育ってきたの?

気づいたら、大人として読み終えてしみじみとしてしまいました。
そういえば出てくる絵本も大人になじみの深い絵本。
自分の中にもこんな話の断片がありそうです。

児童書として置いてあるのが不思議に思えるお話でした。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

柏葉 幸子さんのその他の作品

モンスター・ホテルでそっくりさん / モンスター・ホテルで ピクニック / おしごとのおはなし パティシエ 父さんはドラゴン・パティシエ / 遠野物語 / モンスター・ホテルで ごしょうたい / ポプラ世界名作童話(1) 赤毛のアン

山本 容子さんのその他の作品

雪だるまの雪子ちゃん / 青い鳥文庫 ふしぎの国のアリス(新装版) / 奇才ヘンリー・シュガーの物語 / オデット / 東京五十景 / 完訳 赤毛のアン シリーズ(全10巻)セット



ハッピーなおやすみのえほん!

つづきの図書館

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.8

何歳のお子さんに読んだ?

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット