もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【ノラネコぐんだんグッズがいっぱい!】kodomoe shop in EhonNaviがオープン♪
りんごころころ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

りんごころころ

  • 絵本
作: 松谷 みよ子
絵: とよた かずひこ
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

本体価格: ¥800 +税

「りんごころころ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2001年01月10日
ISBN: 9784494001729

対象年齢:2歳から
B5変型判 21×18.7cm 24頁

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

はなこちゃんがのはらをあるいていたら、エーンエーンと泣き声がした。大きなりんごの木が…!

ベストレビュー

おいしく食べたいりんご

やさしい女の子とりんごの木のお話です。

りんごの木が誰もとってくれないと泣き出したので、はなこちゃんは、りんごをとってあげました。
すると「ころころ びゅーん ころころ びゅーん」「わたしをたべて! わたしをたべて!」とリズムカルにりんごの実がころころ、はねあがって転がりだし、いろいろな人や動物のところに辿りつきます。

丸いりんごが、ジュースになったり、アップルパイになったり、離乳食になったり、といろいろな美味しいものに変身します。
このあたりも、小さい子には魅力なのでしょうね。

そして、突然今度ははなこちゃんが泣き出します。
りんごがみんないなくなっちゃったからです。
もちろん、最後はハッピーエンド。
りんごの木が泣いたり、はなこちゃんまで泣いたり、と子供にはハラハラドキドキのお話です。
(リリィティナさん 30代・ママ 男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


松谷 みよ子さんのその他の作品

ともだち<復刊傑作幼児絵本シリーズ 2> / あおいぼうしののんちゃん<復刊傑作幼児絵本シリーズ 6> / まいごのくじら<復刊傑作幼児絵本シリーズ 10> / 講談社文庫 アカネちゃんの涙の海 / 講談社文庫 モモちゃんとアカネちゃん / 講談社文庫 ちいさいモモちゃん

とよた かずひこさんのその他の作品

おんなじおんなじ ももんちゃん / ゆびさしな〜に? / かさちゃんです。 / だれかな?だれかな? / なにたべているのかな? / ばななくんがね・・



『いちまるとふしぎな手』 <br>八田香里さん&宮下知子さんインタビュー

りんごころころ

みんなの声(47人)

絵本の評価(4.27

何歳のお子さんに読んだ?

ママの声一覧へ

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット