雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
汐見台3丁目さん 40代・ママ

賢治の作品の祖となるテーマ
つい近年まで私の中では、宮沢賢治という…
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
ふたりでおるすばん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ふたりでおるすばん

作・絵: いとう ひろし
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

絵本ナビ在庫 残り3

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年11月30日
ISBN: 9784198624507

小学校低・中学年から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

あたしは世界一のおねえちゃん。なのに、おとうとは、うるさくてきたなくて、いやになる。でもある日、はじめてふたりで、おるすばんをすることに。「おおかみがきて、だいちゃんは食べられちゃうかもね」なんて、おとうとをおどかしているうちに…? 人気作家が、元気な姉弟のちょっと変わった一日を、ユーモラスで心あたたまるタッチで描く物語。

ベストレビュー

天災ではなく幸運

いとうひろしの「ごきげんなすてご」シリーズが好きなので、新しいこの作品も読みたくなりました。

ページ数は書いてありませんが、字も細かくて声に出して読むにはかなり長い話です。読み始めたら、切るに切れなくて最後まで読んでしまいました。

お姉ちゃんと弟が、お留守番をします。お姉ちゃんは、弟が生まれて幸せを奪われてしまい、かなりすねています。弟は話ができるとはいえまだ分別ができない年頃ですから、お姉ちゃんから見るとまだ「おさる」なのです。

お姉ちゃんが弟を思う心境がかなり過激に描かれているので、笑ってしまいました。私も3つ下の弟がいたので、このお姉ちゃんの気持ちがよくわかりました。

お留守番で「おおかみと7ひきのこやぎ」を読んでしまう辺りが特におもしろかったです。

お姉ちゃんが、宅配便のおじさんを「おおかみ」と言って、弟を対応にあたらせるからです。

お姉ちゃんは弟ができたことを天災と考えているのですが、天災ではなく幸運と思えるようになるまでの心の変遷がよくわかりました。

弟もいつもかわいく感じない訳ではなく、かわいいと思える瞬間もあるのです。実際、この話に出てくる弟はとてもかわいかったです。そのことがお姉ちゃんにもわかってよかったなあと思いました。

読み終わった後、息子が「どうしてよく声が変わったの?」と言われました。登場人物が6人ほどいるので、そのたびに声を変えていたからです。
息子はこのお話が気に入ったようで、「ごきげんなすてご」シリーズも読んでみたいと言っていました。読んだらどんな反応を示すのか今から楽しみです。
(はなびやさん 40代・ママ 男の子6歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


いとう ひろしさんのその他の作品

もとこども / さいごのひみつ / ミニブック おやすみゴリラくん(ボードブック) / ルラルさんのえほん(7) ルラルさんのぼうえんきょう / もうじゅうつかいのムチがなる / くわくわとかぶかぶのおはなし ぼくたちけっこうすごいかも



お気に入りのくだものはどれ?

ふたりでおるすばん

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット