もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【在庫限り】ゲットするなら今!絵本キャラグッズ
ヘレン・ケラー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ヘレン・ケラー

作: 武鹿 悦子
絵: ふりやかよこ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「ヘレン・ケラー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • 後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年
ISBN: 9784893256614

小学校低学年から
頁数:32ページ
サイズ:27×23cm

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

伝記絵本ライブラリー。目も見えない、耳も聞こえない、口もきけない…。苦しみに立ち向かい、うちかった奇跡の人、ヘレン・ケラーのドラマです。

ベストレビュー

おススメ!親しみやすい伝記絵本

息子にヘレンケラーを読みたいなあ、でもあまり文字が多くても・・・。そんな時に、この作品を知りました。
主人公が子ども時代のエピソードが中心ということで、確かにラストは唐突に終わってしまった感がありましたが、現在二年生の息子に読むには十分の内容でした。


武鹿さんの文章はわかりやすく読みやすく、低学年の子でも親しみやすそうです。
ふりやさんの絵も素敵でした。
耳が聴こえず目が見えず、お皿を割ったり暴れたり、人形を投げてバラバラにしたりする乱暴なヘレン。
でもその表情からは、自分自身と葛藤しているような・・・「誰か私を助けて!私をわかって!」と訴えているような・・・そんなふうに見えました。


恩師のサリバン先生とヘレンが抱き合う場面は、まるで本当の親子のようでした。
血のつながり以上の絆ってあるんだなと、あらためて思わせてくれた作品でした。


いつか学校でもみんなに紹介したいなあと思います。
(ぷうさんのはちみつさん 30代・ママ 男の子8歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


武鹿 悦子さんのその他の作品

みーつけた / きりん きりん / のねずみくんのおはなし とんこととん / くすのきだんちのあめのひ / くすのきだんちのあきまつり / おかあさんのいのり

ふりやかよこさんのその他の作品

ころげ月 / 花曜日 / 母ちゃんのもと / ちっこばぁばの泣いた夜 / さくらの下のさくらのクラス / のらねこのポラ



『なんびきのねこたちおどる?』犀の工房・出口有加さんインタビュー

ヘレン・ケラー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43




全ページためしよみ
年齢別絵本セット