ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
はらぺこねこ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

はらぺこねこ

  • 絵本
作: 木村由利子
絵: スズキ コージ
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

物流センター移転に伴う配達遅延のお知らせ

本体価格: ¥1,000 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2007年10月
ISBN: 9784097262435

この作品が含まれるテーマ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

宇宙までをも飲み込む大きな大きなお話

あるところに大きな大食らいの猫がおりました。はらぺこねこは、出会う人や動物を次々と飲み込み、やがて月や太陽まで飲み込んでしまいます。スズキコージさんのスケールの大きな絵も魅力的な北欧の民話です。

ベストレビュー

おそれ多い展開

基になっているのが民話だからでしょうか。
他にも類書があったと思うのですが、これほどに怖いもの知らず展開ははじめてです。
町に出たはらぺこねこは、結婚式の行列を呑み込み、葬式の行列を呑み込み、怪獣と化してタブーとも思われる良識をくつがえしていきます。
さらには月と太陽をも呑み込んでしまうという、神をも恐れぬ悪行を続けます。
少しおとなしめのスズキコージさんの絵ではありますが、この絵本には驚愕してしまいました。
他の話では呑み込まれたカニがはさみでお腹の皮を切り開いたりしていましたが、太陽を呑み込んでお腹の中は焼けたりしなかったのでしょうか。
こんな想像をすると、前に呑み込まれた人たちが可哀想なので、何より無事に帰還したことを喜びましょう。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


木村由利子さんのその他の作品

シンデレラ / 集英社みらい文庫 新訳アンの青春 / 集英社みらい文庫 新訳赤毛のアン / ホワイト ダークネス(上) / ホワイト ダークネス(下) / ハンスぼうやの国

スズキ コージさんのその他の作品

コーベッコー / ドームがたり / でんでんでんしゃ / らくごえほん 月きゅうでん / 3びきのくま / しりたがりやのこねこのポコ



頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

はらぺこねこ

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.36

何歳のお子さんに読んだ?

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット