にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!
2018年の絵本キャラクターカレンダー大集合!「ぐりとぐら」「バムとケロ」「はらぺこあおむし」ほか
雪の女王
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

雪の女王

文: ナオミ・ルイス
絵: エロール・ル・カイン
原作: アンデルセン
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,600 +税

絵本ナビ在庫 残り1

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

課題図書すばこ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

ある冬の日、雪の女王に連れ去られた大好きなカイをさがしにゲルダは旅に出ます。いろいろな苦難とたたかいながら、そのまごころでカイを救うゲルダのけなげな姿が印象的です。

ベストレビュー

もしかしたら“ゆばーば”のモデルはこの人?

多くの人が知っているアンデルセンの有名なお話です。
とわいえ、私はこの年になるまで、絵本では一度も読んだ記憶がありませんでした。でも、お話は知っているので、たぶん子どもの頃子ども向けのアニメで見たのだと思います。

この絵本の絵は、私のだい好きなエロール・ル・カインですが、
カイを探しに一人旅に出たゲルダに優しく声をかけた魔女(雪の女王とは別人)!この顔どこかで見たことがある!なんか知ってるぞ。と、しばらく考えていて気づきました。
宮崎駿アニメの『千と千尋』に登場する“ゆばーば”にすごく似ていました。
もしかしたら、宮崎駿さんは、この絵本から、ゆばーばのイメージをもらっていたのかもしれませんね。

エロール・ル・カインの絵はとても丁寧できれいなのに、
なぜかカイとゲルダの顔は平たくてあまり可愛いと思える顔だちをしていませんでした。
(他のお話の主人公はいつもたいていきれいに描かれているのに、不思議です)
ゲルダのカイを訪ねる旅は意外と長くて、いろいろなところに立ち寄ったりします。1ページに書かれている文は多くて細かい字でした。
読み聞かせに使うには聞き手も、読み手もつらそうです。
(てんぐざるさん 40代・ママ 女の子16歳、女の子11歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!

アンデルセンさんのその他の作品

すずのへいたいさん / はだかのおうさま / (デジタル)ナイチンゲール / にんぎょひめ / (デジタル)アルク監修英語版おやゆびひめ / (デジタル)マッチうりのしょうじょ

ナオミ・ルイスさんのその他の作品

妖精が丘 / 夏の夜の夢

エロール・ル・カインさんのその他の作品

三つのまほうのおくりもの / グリム童話 おどる12人のおひめさま 新版 / グリム童話 いばらひめ 新版 / イメージの魔術師 エロール・ル・カイン(改訂新版) / かしこいモリー / アルフィとくらやみ



「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

雪の女王

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25




全ページためしよみ
年齢別絵本セット