すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
人魚姫
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

人魚姫

  • 絵本
作: アンデルセン
絵・訳: 石倉 欣二
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「人魚姫」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1998年
ISBN: 9784338081351

幼児から

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

アンデルセンの名作『人魚姫』をコンピュータグラフィックによって精密に描いた絵本。美しくも悲しい人魚と王子の愛の物語。

ベストレビュー

石倉欣二さんの新境地

石倉欣二さんは私の好きな作家の一人です。
「海を渡った折鶴」、「汽笛」、「ゆずちゃん」、「いたちのこもりうた」のようなメッセージ性のある作品、「酒呑童子」、「たなばたむかし」、「つるのあねさ」のようなストーリー性のある民話、それぞれに好きな世界なのですが、アンデルセンとコンピューターグラフィックによる絵の組み合わせは初対面です。
今まで知っている石倉さんの絵とは全く異質な世界でした。
アンデルセンの「人魚姫」は、ディズニーのリトル・マーメイドのインパクトが強過ぎて、話は知っているけれど、描かれ方でまた別の世界になると感じました。
多少ぼかしの入った描かれ方で、幻想的でファンタジックな物語になっています。
最後に人魚が天国に昇っていくシーンは、とても崇高です。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • ピクニック
    ピクニック
     出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
    こぶたちゃんしかけえほんシリーズ最新刊!今度のしかけはいったい?!

アンデルセンさんのその他の作品

すずのへいたいさん / はだかのおうさま / (デジタル)ナイチンゲール / にんぎょひめ / (デジタル)アルク監修英語版おやゆびひめ / (デジタル)マッチうりのしょうじょ

石倉 欣二さんのその他の作品

のんちゃんと白鳥 / 海をわたった折り鶴 / 松谷みよ子 おはなし集4 / ゴロジ / 紙芝居 いったんもめん / ねこのゴンサ



『小学校最初の3年間で本当にさせたい「勉強」』中根克明さんインタビュー

人魚姫

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット