みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。
「MOE」「kodomoe」「クーヨン」等・・・雑誌バックナンバーはこちら
かずあそび ウラパン・オコサ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かずあそび ウラパン・オコサ

  • 絵本
作・絵: 谷川晃一
出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り8

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

絵本クラブ
発行日: 1999年02月
ISBN: 9784494008858

幼児〜小学校低学年向

出版社からの紹介

1はウラパン、2はオコサ…。1と2だけでたのしく遊べる、ちょっとふしぎな「かず遊び絵本」。

ベストレビュー

高学年読み聞かせ

高学年に対する初めての読み聞かせの
導入絵本として持って行きました。

相手は高学年(きてくれたのは全員5年生でした)だし
きっと私一人で「オコサ・オコサ・ウラパン」と
数えることになるのだろう、と思っていたら
「さあ、はじめよう」という文を読んだ後は
みんなが声に出して「ウラパン」「オコサ」などと
数えてくれました。驚いたけれど、とても嬉しかったです。
最後のページまで読んだ後、
おまけで「じゃあ、片手は?」「両手なら?」と問いかけて
いっしょに数えました。
とても楽しかったです!
(将軍亭琴音さん 30代・ママ 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳)

おすすめレビュー

オコサオコサ=評価

数遊びの本です。 1=ウラパン、2=オコサで 例えばリンゴが5個あったら「オコサ、オコサ、ウラパン」と数える遊びです(はじめにオコサから数える決まりです)。 息子は5歳ですが、本の流れに沿って、自然…

→続きを読む

powerd byまなびナビ

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


谷川晃一さんのその他の作品

うそうさぎ / こりゃなんだうた / サカサあそび オカのカオ / おふねにのるニャン / バスがきました / ニャンニャンシティマラソン



光るページも楽しめる♪ 参加型ハロウィン絵本

かずあそび ウラパン・オコサ



全ページためしよみ
年齢別絵本セット