おしりたんてい おしりたんてい
作・絵: トロル  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
【サイン本発売中】「フーム、においますね」どんなじけんも ププッと かいけついたします。
しゅうくりぃむさん 40代・ママ

おしりネタ + あそび満載は、かなりお…
『おしり』というだけで、7割まちがいな…
好評につき延長決定!プレミアムサービス 登録しなきゃ損♪ “超”太っ腹キャンペーン!!!
かさ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

かさ

  • 絵本
作・絵: 太田 大八
出版社: 文研出版 文研出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,100 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2005年
ISBN: 9784580815339

幼児から小学校低学年向き

この作品が含まれるテーマ

雨が降りしきる公園の脇を、女の子が歩いています。
真っ赤な傘をさして、大きな黒い傘を脇に抱えて。
友達とすれ違い、線路の橋を越え、歩道橋をわたって、女の子と赤い傘が進んでいきます。
やってきたのは駅。そう、おとうさんを迎えに来たのです。
ケーキを買って、おとうさんの大きな傘に入り、家路につきます。

 女の子は赤いかさをさして、黒い大きなかさを抱えてお父さんを駅まで迎えにいきます。お父さんに会えるまでの道中のこのちょっとした出来事が、文字は無く、黒一色で描かれており、女の子のかさだけが赤く彩られています。それがかえって女の子の心情を浮かび上がらせ、印象的な絵本になっています。

(磯崎園子  絵本ナビ編集長)

雨の中を女の子が赤いかさをさしておとうさんをむかえにいくまでに、ドラマチックで楽しいできごとに会う。墨一色の中に赤いかさを配した絵で伝える文字なし絵本。

赤い傘に目が行きます。文章のない絵本

文章がないので読み聞かせは慣れていない人には難しい。

でも、赤い傘の女の子が傘をもう1本持ってどこかに行く、、、お迎えかな?、、、ドーナツ屋さんを覗いてる、、、駅についた、、、パパかな?男の人に傘を渡したよ、、、パパがドーナツ買ってくれたよ、美味しそうだね、、、おうちにかえろ〜、といろいろ喋りながら読めます。

雨の日のお迎えってすごく心が温まるので、癒されます。それと、赤い傘が目立つので、大きな街にいても「ここにいるよ!」と4歳の娘はウォーリーを探せのような遊び方をして一緒に読んでいました。
(えみりん12さん 30代・ママ 女の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


太田 大八さんのその他の作品

くもの巣とり / どうぶつたちのおかいもの / 福音館文庫 えんの松原 / 花さかじい 日本のむかし話 / 昔、そこに森があった / 我利馬の船出



『もったいないばあさん てんごくと じごくのはなし』真珠まりこさんインタビュー

かさ

みんなの声(33人)

絵本の評価(4.59

何歳のお子さんに読んだ?

じいじ・ばあばの声 1人

じいじ・ばあばの声一覧へ





この作品をあなたのブログに掲載しませんか?

お好きなレイアウトを選んでテキストエリアのHTMLコードをコピーして自分のブログに貼り付けてください。

ノーマル(小)

かさかさ
作・絵:太田 大八出版社:文研出版絵本ナビ

ノーマル(大)

かさかさ
作・絵:太田 大八出版社:文研出版絵本ナビ

シンプル(小)

かさかさ絵本ナビ

シンプル(大)

かさかさ絵本ナビ

全ページためしよみ
サイン本販売中