たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
すずのへいたい
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

すずのへいたい

  • 絵本
絵: 竹下 文子
訳: 西巻 茅子
原作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
出版社: 岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,300 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「すずのへいたい」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2003年
ISBN: 9784265053629

3才 〜 5才向き

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

男の子が誕生日にもらったすずでつくられた片足のへいたい。人形のバレリーナに恋をしますが…。アンデルセンの名作が竹下文子の文と西巻茅子の絵で美しい絵本になりました。

ベストレビュー

はかない恋に胸が痛みます。

アンデルセンの名作のひとつ。

一本足のすずの兵隊が、紙でできたバレリーナの人形に恋をします。
ところが、すずの兵隊は、アクシデントから窓の外から下の歩道に落ちてしまいます。
それからは、苦難の冒険が始まります。

なんて不運な兵隊さんでしょう。
とても気の毒になりました。

ところが、巡り巡って、元居た子ども部屋に舞い戻ってくるのです。
その時は、どれ程嬉しく思ったことか。

でも、すずの兵隊の身の不運はまだ続きました。
すずの兵隊も、バレリーナの人形も燃え尽きてしまいました。
後に残ったのは、ハートの形をしたすずの塊と、
真っ黒にこげたリボンのかざりだけでした。

すずの兵隊は、最後に一緒になれて幸せだったのでしょうか?
それとも・・・。

なんとも切なくて一途な恋でしょう。
あまりにもはかない恋に、あわれでなりませんでした。

娘も、何度も読んだそうです。
その上で、私も読み聞かせをしてあげました。
お気に入りの一冊になったようです。


アンデルセン自身のせつない恋の思い出を、
兵隊とバレリーナに見立てて作られたおはなしです。
(多夢さん 40代・ママ 女の子10歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


ハンス・クリスチャン・アンデルセンさんのその他の作品

雪の女王 / 雪の女王 / 雪の女王 / アンデルセン童話全集 (3) / モミの木 / アンデルセンのきらめくポップアップ絵本 雪の女王

竹下 文子さんのその他の作品

いそげ! きゅうきゅうしゃ / ぜんまいじかけのトリュフ エピソード1 / しゃっくりくーちゃん / きみは ライオン! / まいごのアローおうちにかえる / こねこのえんそく あきのもり

西巻 茅子さんのその他の作品

子どものアトリエ 絵本づくりを支えたもの / 全集 古田足日子どもの本 限定復刻(3) 古田足日子どもの本 / ケンカオニ / ペンギン ペペコさん だいかつやく / おてて つなごう / 北風ふいてもさむくない



4つのコースをつなげて長〜い線路に!汽車が走るしかけ絵本

すずのへいたい

みんなの声(1人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット