貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
こねこのバベット
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こねこのバベット

  • 絵本
作・絵: クレア・ターレイ・ニューベリー
訳: 光吉 夏弥
出版社: 復刊ドットコム 復刊ドットコムの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「こねこのバベット」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

傑作“こねこ絵本”の復刊です!

世界的ベストセラー絵本『こねこのミトン』のニューベリーが贈る、女の子とこねこの心あたたまる物語。

(あらすじ)
クリスマスも近づくある日、留守番する女の子チャッティのもとへ一匹の子猫が舞い込んできました。チャッティは子猫をバベットと名づけて可愛がりますが、バベットは近所に住むトッドさんの飼い猫でした。トッドさんが留守のときはバベットを預かることになり喜ぶチャッティでしたが、ある日トッドさんが引越しをすることになり・・・。

※翻訳は『ひとまねこざる』『ちびくろさんぼ』の名訳で知られる光吉夏弥氏です

※邦訳初版は1988年、大日本図書より「クリスマスのこねこ」のタイトルで刊行されました(原題:BABETTE)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

クレア・ターレイ・ニューベリーさんのその他の作品

クリスマスのこねこ

光吉 夏弥さんのその他の作品

ねこはやっぱりねこがいい / ねことバイオリン / ちびっこ大せんしゅ / うさぎがいっぱい / だんごをなくしたおばあさん / ぼくはめいたんてい(6) ゆきの中のふしぎなできごと(新装版)



『雪ふる夜の奇妙な話』『夜の神社の森のなか』大野隆介さんインタビュー

こねこのバベット

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0



全ページためしよみ
年齢別絵本セット