新刊
紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力

紫禁城の秘密のともだち(1) 神獣たちのふしぎな力(偕成社)

中国の紫禁城を舞台にした、女の子と神獣たちのほのぼのファンタジー!

新刊
PUI PUI モルカー むしゃむしゃおそうじ

PUI PUI モルカー むしゃむしゃおそうじ(フレーベル館)

大人気シリーズ最新刊!

  • 笑える
  • かわいい
ぼくの犬

ぼくの犬

作: ジョン・ヘファナン
絵: アンドリュー・マクレーン
訳: 福本友美子
出版社: 日本図書センター

税込価格: ¥2,640

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

クリスマス配送につきまして

「ぼくの犬」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年
ISBN: 9784820598435

ベストレビュー

ひとりぼっちのぼくと犬

表紙からは想像できない深くて重いお話でした。
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争をテーマにしたお話。
通りすがりで息絶えた老人の犬と共に暮らすことになった少年でしたが、紛争の中で家族が離散してしまいます。
一人家に残った父、一緒に疎開する途中を襲われ母と離ればなれになった少年。
少年は一人の老人に助けられ、老人の娘の家にたどり着きます。
最後、少年と犬が座り込んで道を眺めるシーンが印象的。
家族で再び暮らせる日々が来るのでしょうか。」
『ぼくの犬』が『みんなの犬』になる日が来るのでしょうか。

この作品が衝撃的だったのは、違う民族、違う収容を崇拝する人たちが暮らす国のもろさです。
友人だと思っていた人が紛争の中で、民族の違いによって敵対していくこと。
同じ国民が敵味方に分かれて血を流すまでの闘いになること。
単純に戦争の悲惨さでは語れない複雑さを、どのように子どもたちに伝えていければ良いのでしょうか。
せめて、この少年と犬がしあわせになれるように、子どもたちがそう願えれば良いと思いました。

ついでながら、このお話の作家ジョン・ヘファナントとこの紛争の関係、どのようにしてこの話が書かれたか、解説があるとありがたかったです。
経験としての話なのか、取材報告としての話なのか、フィクションなのか…。
テーマがテーマなだけに、読み手としての史実、事実の認識についてすり合わせが必要と感じました。
(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子14歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

ぼくの犬

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット