貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本のある暮らしをもっと楽しく、もっと便利に、もっとお得に…15の特典が使える 【プレミアムサービス】
こどもと大人のためのメルヘン グリム童話
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

こどもと大人のためのメルヘン グリム童話

  • 絵本
作・絵: 西本 鶏介
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥980 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 1999年
ISBN: 9784591061107

小学校中学年〜

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

百年以上もの間、世界中のこどもや大人たちに読みつがれているグリム童話。そんな物語のほんとうのおもしろさを伝える一冊です。

ベストレビュー

タイトルに期待しすぎたかも

「こどもと大人のための」とあるので、どのような趣向がなされているのか 期待したのですが、ごく普通な子ども向けのグリム童話集です。
特長を出すためには、どちらかに特化した取り組みが必要なのでは。
それぞれのお話に簡単な解説がつけられているのですが、妙に説教的であったり、取ってつけたような不自然さがあって、胡散臭い感じがしてしまいました。
ただ、最後に収録されている「死神のつかい」は、あまり目にしない作品ですし、すこしアダルトなテイストで、死の予兆と受け入れざるを得ない事実を描き尽くしていて、この作品を読むだけでも価値があるのかなと思いました。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


西本 鶏介さんのその他の作品

おおかみとしちひきのこやぎ / 12つきのおくりもの / おめでとうのさくらまんじゅう / ヘンゼルとグレーテル / さんびきのくま / あかずきん



「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー

こどもと大人のためのメルヘン グリム童話

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5




全ページためしよみ
年齢別絵本セット