貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
原爆の火
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

原爆の火

  • 絵本
作: 岩崎 京子
絵: 毛利まさみち
出版社: 新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!

在庫あり

本体価格: ¥1,500 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2000年08月05日
ISBN: 9784406027533

小学校低学年〜小学校中学年
32 ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

1945年8月、原爆投下直後の広島。兵士だった山本さんは、原爆の残り火をふるさとに持ち帰り、激しい怒りと憎しみの思いで、絶やすことなく灯しつづけます…。親しい人たちを奪った恨みの火が、年月を経て平和を望む誓いの火となるまで。

ベストレビュー

原爆のことを知ってほしい

広島在住です。
幼い頃からずっと、原爆のことを聞きながら育ってきました。
原爆の日には、保育園では、年少以上ははだしのゲンのアニメを見た覚えがあります。
そのころはとても怖くて怖くて…原爆の日になると、保育園や小学校を休みたいと思うほどでした。
でも、その頃に培われた平和への思い、戦争の知識が、今ではとてもありがたいです。

夫は他県の人です。
原爆のことについて知っているのは「原爆は恐ろしい」という感情だけ。
広島、長崎に、原爆を落とされた日時を知らないのには、驚きました。
驚いたと同時に、他県では、原爆について、広島で習うほど詳しく習っているわけではないと思い知らされました。
最近では、原爆の日が近づいても、昔ほど原爆の番組をテレビで見ることも少なくなり、ニュースでも式典の様子を少し流すだけ……
広島県民としては、悔しくてたまりません。
原爆のこと、戦争の恐ろしさ、風化させてはいけないことです。
小さい子どもは怖いだろうから教えなくていいだろう、は子どものためになりません。
小さくても、戦争は繰り返してはならないという思いを理解できます。
次の世代に伝えていきたい絵本でした。
(こにゃららんさん 20代・せんせい )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


岩崎 京子さんのその他の作品

大さわぎ!ばけもの芝居と白いねこ / まりひめ / 紙芝居 うばすて山 / 花のお江戸の金魚芝居 / ばけもの長屋のおはなちゃん 大どろぼう疾風組参上! / 花のお江戸の朝顔連

毛利まさみちさんのその他の作品

青い空がつながった / 鬼ガ山 / 青の森伝説 / オニさんこちら / ももの里 / おさんぎつね



あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

原爆の火

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6




全ページためしよみ
年齢別絵本セット