となりのせきのますだくん となりのせきのますだくん
作・絵: 武田 美穂  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
わたし、きょう、学校へいけない気がする。だって・・・。となりの席のますだくんが怖くてしかたないみほちゃん。すべての子どもが共感できる作品です。
まあるいさん 30代・ママ

入学前後に
娘が年長の頃に借りてきて読みました。 …
【絵本ナビ限定商品】ねないこだれだ おばけフェイスタオル
クリスマスのねこヘンリー
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

クリスマスのねこヘンリー

  • 絵本
作: メリー・カルホーン
絵: エリック・イングラハム
訳: 猪熊 葉子
出版社: リブリオ出版

本体価格: ¥1,500 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「クリスマスのねこヘンリー」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年12月
ISBN: 9784860572808

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

クリスマスの晩、ねこのヘンリーの友だち、ひつじのボニーが行方不明になってしまいました。急いで探さなくちゃ! クリスマスもヘンリーは大活躍。なんでもかんでもやってみなくちゃ気がすまない、ねこのヘンリーのおはなし。

ベストレビュー

できすぎねこの大活躍

クリスマスの夜のキリスト生誕劇とねこのヘンリーの組合わせに意外感があったのですが、雪の寒さにも負けず、逃げ出したひつじのボニーを探して連れ戻した活躍には拍手です。
知恵と判断力、行動力、トンでもないねこですね。
雪の夜の中の物語で、絵がとても幻想的でした。
チョッとできすぎで、まとまり過ぎの感じも有りましたが、シリーズで楽しむ絵本としての構成でしょうか。
(ヒラP21さん 60代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


メリー・カルホーンさんのその他の作品

ふねにのったねこのヘンリー / とびねこヘンリー / スキーをはいたねこのヘンリー / るすばんねこのぼうけん

猪熊 葉子さんのその他の作品

アーミテージ一家のお話3 ゾウになった赤ちゃん / アーミテージ一家のお話2 ねむれなければ木にのぼれ / 岩波少年文庫 アーミテージ一家のお話(1) おとなりさんは魔女 / 岩波少年文庫 王のしるし (下) / 岩波少年文庫 王のしるし 上 / 岩波少年文庫 運命の騎士



『ヨチヨチ父 とまどう日々』ヨシタケシンスケさんインタビュー

クリスマスのねこヘンリー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13

何歳のお子さんに読んだ?




全ページためしよみ
年齢別絵本セット