もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
ねぼすけちゃーぼ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ねぼすけちゃーぼ

作・絵: 田原ウーコ
出版社: 新風舎

本体価格: ¥1,400 +税

「ねぼすけちゃーぼ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年12月
ISBN: 9784289011117

出版社からの紹介

「ニワトリが はやおきだなんて だれがきめたのさ!」
いつもねてばかりいるニワトリちゃーぼのおはなし

ニワトリなのに朝寝坊のちゃーぼ。いつも日がかたむいた頃におめざめです。
ある日、めがさめると、なにやらみんながしんこくそうにはなしています。
どうしたのかな?

ベストレビュー

苦手な事でも

鶏が早おきなんて誰が決めたのよ!と言ってのける主人公の性格がとても潔くアッパレに思えてすぐに主人公に惹きつけられました。ぐーすか、ぐーの言葉の繰り返しが楽しく娘はこの言葉は反応が強かったです。ずっと自分の小屋で眠る主人公はいつ起きるのかなと楽しみでした。隣の鶏が引っ越して”やってみよう”と奮起した主人公は素晴らしいです。切羽詰ったり、やらなければならない状況に陥った時は力が出るものだと思いますが主人公の凄いところは皆の役に立ちたいという思いから奮起したところです。主人公が朝日に照らされてきらきら輝いて見える場面が素敵で主人公の誇らしげな笑顔が見えるようで大好きです。
(ぴょーん爺の娘さん 20代・ママ 女の子0歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!



>絵本エイド ―こころにひかりを―

ねぼすけちゃーぼ

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5

せんせいの声 1人

せんせいの声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット